> WANトポロジ – ネットワークエンジニアチュートリアル

WANトポロジ

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

WANトポロジ

接続方法を確認します

ポイントツーポイント型

一対一の接続 信頼性が高いが費用も高い

 

 

 

 

スター型

 

スター型は中央の一つから各デバイスに接続

コストを最小に抑えられるが、冗長性(何処かが故障したら通信できない)がない

 

フルメッシュ型

 

フルメッシュ型

全ての拠点と通信ができる。高レベルの通信ができるがコストがかさむ

 

 

 

 

 

 

パーシャルメッシュ型

コストをある程度抑えながら運用ができる

 

 

 

 


ポイントツーポイント(専用線)

専用線は、契約したユーザが回線を占有して使用できる回線サービスです。1対1のポイントツーポイントで接続されます。

 

 

 

 


ISDNの通信方式

回線交換サービス

回線交換サービス、公衆電話網であり主に音声の通信用の回線サービスです。音声やファックスなどに利用されます。最高は128kbps

Bチャネル データの伝送に使用される

Dチャネル コールセットアップの制御情報の伝送に使用される制御チャネル

 

 

 

 

BRI

BRI(Basic Rate Interface)、PRI(Primary Rate Interface)があります

BRI ( 基本インターフェース)

 

 

 

 

 

 

BRIは64kbpsの2本のBチャネルと16kbpsの1本のDチャネルとで構成される。

Bチャネルでデータ通信、もう1つのBチャネルで電話で音声通話など2回線同時に使える。

 

PRI

PRI ( 一次群速度インターフェース)

64kbpsの23本のBチャネルと64kbpsの1本のDチャネルとで構成される

23の論理チャネルにより23拠点同時に通信可能

全チャネルを束ねて1.544Mbpsで1拠点と通信することも可能


 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: