> VLANの概要(トランクポートの設定、802.1d1q,スイッチポート,VTP,Router on a stick)〜CCNA試験対策〜 – ネットワークエンジニアチュートリアル

VLANの概要(トランクポートの設定、802.1d1q,スイッチポート,VTP,Router on a stick)〜CCNA試験対策〜

トランクポートの設定と検証


ではトランクポートの設定へと話を進める。動的な設定と静的な設定の2通りがある。

動的な設定の方法

(config-if)#switchport mode {dynamic desirable / dynamic auto }

dynamic desirable

対向のリンクがauto、trunk、desirableのいずれかであれば、トランクモードになる。

dynamic auto

対向のリンクがtrunkあるいはdesirableであれば、トランクモードになる

トランクポートの設定の際お互いのスイッチでDTPフレームを送ったり、送られたりすることによりネゴシエーションを確立する。

dynamic desirable  dynamic desirable

dynamic desirable  dynamic auto

dynamic desirable  dynamic desirable

dynamic desirable  dynamic auto

でネゴシエーションが確立する。

動的なトランクポートの設定

 

 

 

 

 

 

このような設定をつくりましたので確認してみてください。

802.1d1q

(付け加えますが、各インターフェイスにipアドレスをつけ、名前をつけるという入力は必ず行っていますので、間違えないようにしてください。)

設定は下記のようになります

  1. トランクプロトコルの設定 ISLか801.1qですが今回は801.1qで設定します

Switch trunk encapsulationコマンドを使います

  1. トランクポートの設定

スイッチポートをトランクへ設定します

Switch mode trunk を使用します

  1. DTPの停止

Switch mode trunkで設定を行ってもDTPフレームは送信される。しかし今回の場合は必要がない(手動設定のため)のでDTPフレームは止める。

Switch nonegotiate を入力します。

上記ではDSWとASW1のみ設定が必要になるので入力例を実際に見てください

DSW向け設定

まずDSEからみて両サイドのSWのポートに対して設定を行います。

それではASW1

 

これも両サイドのSWのポートに対して設定を行います。

では確認コマンドです。show  interface trunk コマンドを使用します。

重要なのがmode encapsulation statusです

Mode on の場合はtrunkの場合はon ,autoならoffになります

Encapsulation カプセル化タイプ

Status がtrunnking ならトランクされているということになる。されてなければnot-trunkingと表示されます。

次にshow interface fastethernet swithport コマンドを使います

 

 

 

 

 

 

 

では上記デフォルトVLANを変更するには?


Switch(config-if)switchport trunk native vlan(vlan-id)を行う

ではshow run で確認します

 

 

 

 

 

 

 

変更かかりました。

 

 

 

 

VTP


VTP(VLAN Trunking Protocol)はトランクポートからVTPアドバタイズメントと呼ばれるメッセージを送信して、スイッチネットワーク全体で設定されているVLAN情報の同期をとるシスコ独自のプロトコル

VTPで何ができるか

VTPを利用することで、管理者は1台のスイッチに対してVLANの追加、名前変更、削除などを行うだけで同じグループ( 同じVTPドメイン )の全てのスイッチにVLANの追加、変更、削除の情報が通知(同期)されます。

VTPにはサーバ、クライアント、トランスペアレントの3つのモードがありますデフォルトはサーバモードとなります。

サーバ  サーバモードではVLANの作成、変更、削除することが出来る。
スイッチで設定したVLAN情報は、VTPアドバタイズメントで通知される。
クライアント  クライアントモードではVLANの作成、変更、削除することができない。ゆえに
このモードのスイッチが、VTPアドバタイズメント通知はしない。ただし
VTPアドバタイズメントを受信すると、同期を行い他のスイッチへ転送する。
トランス
ペアレント
 トランスペアレントモードでは、VLANの作成、変更、削除ができる。ただし
設定したVLAN情報は、VTPアドバタイズメントにより通知されない。また
VTPアドバタイズメントを受信しても、同期しないが他のスイッチへ転送する。

VLAN間ルーティング


先ほどはVLAN間では通信ができないという話をしましたが、ではどうすれば通信ができるか?を確認していきたいと思います、

  1. ルーターを利用する(VLANを使用しない場合はこれでOK、しかしVLANの数だけスイッチポートが必要になる。)

pastedGraphic_9.png

  1. L3スイッチを利用する(VLANを使用する場合はこちらでOK。)

pastedGraphic_10.png

  1. 1台のスイッチとルーターで行う場合。

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえばこのようにスイッチとルーター間をVLANの数だけ分けることも可能ですがスケーラブルではありません。

Router on a stick を使う


ではどうするかRouter on a stickを使うことで解決できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

上記のように各インターフェイスに対して設定を行うことで、VLAN間通信がルーターとスイッチ一台とケーブルが1本で実現可能となる。

では設定を説明していく

 

 

上記のような設定をつくったので実際にコマンドを入力してみてください

router on a stick

 

  1. ルーターに対して以下の設定をおこなっていきます図を参照ください

  1. スイッチに対しても同じように設定をおこなっていきます

*今回コマンド入力をパケットトレーサーで試してみましたが、一部コマンド入力ができませんでしたのでここでは入力すべきコマンドのみ載せておきます

Switch(config )#vlan10,20,99 これで3つイッキにVLANをつくります

Switch(config-vlan )#exit

Switch(config )#interface range fastethernet  0/1 – 3 これでfa1-3 まで設定できます

Switch(config-if-range)switch mode access アクセスポートに設定

Switch(config-if-range)interface fastetherne 0/2 fa0/2に入り

Switch(config-if)switch access vlan 10  vlan10を割り当て

Switch(config-if-range)interface fastetherne 0/3 fa0/3に入り

Switch(config-if)switch access vlan 20  vlan20を割り当て

Switch(config-if-range)interface fastetherne 0/12 fa0/12に入り

Switch(config-if)switchport trunk encapsulation dot1q トランクに801.1qを設定

Switch(config-if)switchport mode trunk  トランクモードへ設定

Switch(config-if)switchport nonegotiate DTP送信を止める

Switch(config-if)switchport trunk native vlan 99 ネイティブVLANを99へ変換

Switch(config-if) interface vlan1  vlan1に設定するモードへ

Switch(config-if)ip address 172.16.1.100 255.255.255.0 スイッチのIPアドレスを設定

Switch(config-if)no shutdown 有効化

Switch(config-if)exit

Switch(config)ip default-gateway 172.16.1.254

Switch(config)exit

以上になります。

次のページ★20ACL(アクセスコントロールリスト)

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-04 更新日:

執筆者: