> syslog〜CCNA試験対策〜 – ネットワークエンジニアチュートリアル

syslog〜CCNA試験対策〜

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

Syslogとは


syslogはIPネットワーク上でログメッセージを転送する標準規格でありクライアント/サーバ型プロトコルです。たとえば通信が隣のルーターからできなくなったなどのエラーメッセージなどをログとして排出することができます

pastedGraphic.png

ファシリティ


ファシリティとはログメッセージの分類のことをいう。

0~23の24種類ありそれぞれに意味がある

auth、authpriv  認証サービス ( login、su など)
 cron  cron
 daemon  各種デーモン
 kern  カーネル
 lpr  印刷システム
 mail  メールシステム
 news  ニュースサービス
 syslog  syslog機能
 user  ユーザープログラム
 local0 ~ local7  独自の設定

ログを表示しなくなるコマンド

(config)#no loggin console

通常は下記のようにステータス変更の際のメッセージがでるが、これがでなくなる

 

 

 

 

 

 

コンソールログのレベルを設定


構文

(config)#loggin console[level] [level] 0~15の中で、好きな数字を入力できます。

先ほどは0~15レベルでアラームを発生とありましたが、このコマンドでどのレベルのアラームがでるかを決めることができる。

構文

(config)#loggin trap[severity] [severity]0~7の数字で選べます

pastedGraphic.png

ロギンバッファの設定

Loggin bufferedコマンドは生成されたログをロギンバッファに保存したい場合に使用します。

構文

(config)#loggin buffered[size][severity]

Size…バッファ領域を4096~2147483647の範囲で設定 デフォルトは4096

Severity…Severity値を(0~7)または、Severity名を指定(オプション)

このようにSyslogを使うことによって、どこのインターフェイスに何が起きたかを即座に確認できるようになります。

次のページ 28デバック機能

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-11 更新日:

執筆者: