> Swift – 基本構文 – ネットワークエンジニアチュートリアル

Swift – 基本構文

 

HELLO WORLDの色々


Hello、Worldをもう一度確認していきましょう!

/* 初めてのスイフト 4 */ コメントアウト
var myString = "Hello, World!" ストリング指定

print(myString) プリントアウト

iOSプレイグラウンド用に同じプログラムを作成すると、インポートUIKitが含まれ、プログラムは次のように表示されます。

import UIKit
var myString = "Hello, World!"
print(myString)

適切なPLAYGROUNDを使って上記のプログラムを実行すると、次のようになります。

Hello, World!

Swift 4プログラムの基本的な構成を見てみましょう。これにより、Swift 4プログラミング言語の基本的な要素を簡単に理解できるようになります。

Swift 4でのインポート


import文を使用すると、任意のObjective-Cフレームワーク(またはCライブラリ)をSwift 4プログラムに直接インポートすることができます。たとえば、上記のimport cocoaステートメントは、すべてのOS Xの開発レイヤーを構成するすべてのCocoaライブラリ、API、およびランタイムをSwift 4で利用できます。

CocoaはCの進化系(ピカチューからライチューみたいな)であるObjective-Cで実装されているため、Swift 4アプリケーションにCとC ++を混在させることも可能です

スウィフト4のトークン


Swift 4プログラムはさまざまなトークンで構成され、トークンはキーワード、識別子、定数、文字列リテラル、またはシンボルのいずれかです。たとえば、次のSwift 4ステートメントは3つのトークンで構成されています。

ここでのトークンは「要素」と考えてください 難しい言い方をしました、

ちなみにトークンは それ以上分解できない単位 見たいな感じで思ってください。

print("test!")
ここのトークンは:
print("test!")

コメント


複数行のコメントは/ *で始まり、以下のように* /で終わる –

/* 初めてのスイフト4 */
/* 初めてのアコム!
/* 初めてのアコム */ */

単一行コメントは、コメントの先頭に//を使用して記述されます。

//初めてのスイフト4

セミコロン


Swift 4では、コード内の 各宣言ステートメントの後にセミコロン(;)を入力する必要はありません。どっちでもいいです

ただし、同じ行に複数のステートメントを使用している場合は、区切り文字としてセミコロンを使用する必要があります。そうしないと、コンパイラーは構文エラーを発生させます。

/* 初めてのスイフト4*/
var firstString = "Hello, World!"; print(myString)

識別子


Swift 4識別子は、変数、関数、または他のユーザ定義アイテムを識別するために使用される名前です。識別子はアルファベットAからZまたはaからzまたはアンダースコア_の後にゼロ以上の文字、アンダースコア、および数字(0から9)で始まります。

Swift 4では、識別子の中に@、$、%などの特殊文字は使用できませんSwift 4は、大文字と小文字を区別するプログラミング言語です

Azad        zara   abc   move_name   a_123
myname50    _temp  j     a23b9       retVal

キーワード 予約語


次のキーワードはSwift 4で予約されています。これらの予約語は、定数や変数などの識別子名として使用できません。

予約語とは、プログラミング言語の仕様で定められた、変数名や関数名として定義できない単語のことをさします。

宣言で使用されるキーワード

Class deinit Enum extension
Func import Init internal
Let operator private protocol
public static struct subscript
typealias var

ステートメントで使用されるキーワード

break case continue default
do else fallthrough for
if in return switch
where while

式と型で使用されるキーワード

as dynamicType false is
nil self Self super
true _COLUMN_ _FILE_ _FUNCTION_
_LINE_

特定のコンテキストで使用されるキーワード

associativity convenience dynamic didSet
final get infix inout
lazy left mutating none
nonmutating optional override postfix
precedence prefix Protocol required
right set Type unowned
weak willSet

ホワイトスペース 空白の扱い


空白のみを含む行(おそらくコメント付き)は空白行と呼ばれ、Swift 4コンパイラはそれを完全に無視します。

空白は空白、タブ、改行文字、およびコメントを記述するためにSwift 4で使用される用語です。例えば、次のステートメントでは、

var age

コンパイラがそれらを区別できるように、varageの間に少なくとも1つの空白文字(通常はスペース)が必要です。一方、こちらでは

int fruit = apples + oranges   //フルーツのトータルを求めます

果物と果物の間、または果物と果物の間に空白文字は必要ありませんが、読みやすさのためにいくつかを自由に入れても構いません。

オペレータの両側のスペースは、等しくなければならない。

int fruit = apples +oranges    //間違った宣言
int fruit = apples + oranges   //ただしい宣言

リテラル


リテラルは、整数、浮動小数点数、または文字列型の値のソースコード表現です。以下はリテラルの例です –

92               // Int
4.24159          // フロート
"Hello, World!"  // ストリング

プリントアウト


プリントアウトには3つの異なるプロパティがあります。

Items –  印刷するアイテム

Separator  – 項目間の区切り記号

Terminator – 行を終了する値。例とその構文を見てみましょう。

print("Items to print", separator: "Value " , Terminator: "Value")


print("Value one")


print("Value one","Value two", separator: " Next Value" , terminator: " End")

上記のコードでは、最初のprint文ではデフォルトで\ n、newline Feedがターミネータとして追加されています。ここでは2番目のprint文でターミネータとして “End”を指定していますので、\ nではなく “End”を表示します。

ちなみにシュワちゃんでおなじみターミネーターの意味は「終わらせる人です」ガクブルですね 笑

前のページ 次のページ










スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-10-30 更新日:

執筆者: