> STP – CST / PVST+ – ネットワークエンジニアチュートリアル

STP – CST / PVST+

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

STPのトポロジー

スパニングツリーのトポロジーには2種類があります。複数のVLANが存在する場合でも1つのトポロジーを構成するCST( Common Spanning Tree )と、

複数のVLANが存在する際にVLANごとに個別のトポロジーを構成するPVST+(Per-VLAN Spanning Tree Plus)

この二つに分けることができます。


CST

CSTではVLAN数に関係なく全体で1つのトポロジー(ネットワークの接続形態を点と線でモデル化したもの)となるため、VLAN ごとのロードバランシング(負荷を分散すること)ができません。

図を見て見ましょう。VLANごとにルートブリッジがあるわけではないので、SW Aに対してVLAN20,30ともデータ送信を行います。(この道をルートAとします)

そして VLAN30からSW Bを(ルートBとします)これはVLAN20,30 はSW Aがルートブリッジとしているので、ルートAが障害がない限りルートBはルートブリッジにならないということです。

 

 

 

 

 

 


PVST+

VLANごとにSTPトポロジーを構成できるため、VLANごとのロードバランシング通信が可能です。

PVST+では1台のスイッチでVLANごとにブリッジプライオリティを設定できるため、

SWAがVLAN20のルートブリッジ、SWBがVLAN30のルートブリッジという決定ができます。またRPやNDPなどもVLAN単位で決定可能です

 

 

 

 

 

 


CSTのブリッジID

ブリッジプライオリティMACアドレスにより構成されており、デフォルトで全てのVLANでブリッジプライオリティは 32768 がデフォルト値で設定されています

PVST+ のブリッジID

ブリッジIDはブリッジプライオリティ拡張システムIDMACアドレスによって構成されています

VLANごとにSTPのトポロジーを構成することができるため、ブリッジIDにVLAN ID情報(拡張システムIDに格納)を含めています。

プライオリティ値は4096の単位でのみ設定できます。


次のページ ★6STPの有効化と設定

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-15 更新日:

執筆者: