> SNMPの概要 – ネットワークエンジニアチュートリアル

SNMPの概要

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

SNMP

SNMP (Simple Network Management Protocol) は、ルータ、スイッチ、サーバなどTCP/IPネットワークに接続された通信機器に対し、ネットワーク経由で監視制御するためのアプリケーション層プロトコルになります。


SNMPの構成方法

管理する側のSNMPマネージャ、管理される側のSNMPエージェントで構成されます。

SNMPv1SNMPv2cSNMPv3の3バージョンがあり。SNMPv3はセキュリティが向上しています。

①SNMPマネージャ SNMPエージェントに対する情報の要求や監視に使用される。Windowsサーバ、Linuxサーバで利用

②SNMPエージェント SNMPマネージャからの要求への応答、状態変化時の通知に使用ルータ、スイッチ、サーバなどに利用される

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


SNMPのトラフィック

SNMPエージェントがUDP(ポート番号161)を使用して、SNMPマネージャがUDP(ポート番号162)を使用

SNMPマネージャからSNMPエージェント

SNMPエージェントへの宛先ポートとしてUDP(ポート番号161)が使用されます

SNMPエージェントからSNMPマネージャへはNMPマネージャへの宛先ポートとして、UDP(ポート番号162)が使用されます


MIB

管理情報ベース(Management Information Base, MIB)とは、通信ネットワークにおけるデバイスを管理するためのデータベースの一種であり、OSI/ISOネットワーク管理モデルをベースとして発展したものである。ネットワークにおける実体(ルーター、スイッチなど)を管理する(仮想)データベース内のオブジェクトの集合体から構成される。

 

この表のSNMPエージェント側にデーターベースにMIBというデータベースがあるということです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-09-02 更新日:

執筆者: