> Ruby – 文字列 – ネットワークエンジニアチュートリアル

Ruby – 文字列

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

Ruby – 文字列

単一引用符(アポストロフィー文字)で囲まれています。引用符内のテキストは、文字列の値です

'シングルクオートは文字列で囲みます'

例えば文章内にシングルクオートがある場合は、

'Won\'t you read O\'Reilly\'s book?'

このようにバックスラッシュで囲むことにより、実行できる、

以下は、Rubyの文字列関連の機能です。

式置換


式置換は#と{}を使って任意のRuby式の値を文字列に埋め込むことができます。

#!/usr/bin/ruby

x, y, z = 12, 36, 72
puts "The value of x is #{ x }."
puts "The sum of x and y is #{ x + y }."
puts "The average was #{ (x + y + z)/3 }."

このようになる。

The value of x is 12.
The sum of x and y is 48.
The average was 40.

一般的な区切り文字列


一般的な区切り文字列では、任意の区切り文字(例えば、!、(、{、など)、パーセント記号(%)を前に付けるなど)を組み合わせて文字列を作成することができます。一般的に区切られた文字列は、

%{Ruby is fun.}  equivalent to "Ruby is fun."
%Q{ Ruby is fun. } equivalent to " Ruby is fun. "
%q[Ruby is fun.]  equivalent to a single-quoted string
%x!ls! equivalent to back tick command output `ls`

エスケープ文字


文字エンコーディング


Rubyのデフォルトの文字セットはASCIIで、文字は1バイトで表現されます。UTF-8などの最新の文字セットを使用する場合、文字は1〜4バイトで表現されます。

プログラムの初めに$ KCODEを使って文字セットを変更することができます。

$KCODE = 'u'

String組み込みメソッド


Stringメソッドを呼び出すには、Stringオブジェクトのインスタンスが必要です。以下は、Stringオブジェクトのインスタンスを作成する方法です。

new [String.new(str = "")]

これは、strのコピーを含む新しい文字列オブジェクトを返します。さて、strオブジェクトを使用して、利用可能なインスタンスメソッドをすべて使用できます。例えば ​​-

#!/usr/bin/ruby

myStr = String.new("THIS IS IT")
foo = myStr.downcase

puts "#{foo}"

これにより、次の結果が生成されます。

this is it

文字列展開命令


さまざまなデータを展開するには、次の例を試してください。

"abc \0\0abc \0\0".unpack('A6Z6')   #=> ["abc", "abc "]
"abc \0\0".unpack('a3a3')           #=> ["abc", " \000\000"]
"abc \0abc \0".unpack('Z*Z*')       #=> ["abc ", "abc "]
"aa".unpack('b8B8')                 #=> ["10000110", "01100001"]
"aaa".unpack('h2H2c')               #=> ["16", "61", 97]
"\xfe\xff\xfe\xff".unpack('sS')     #=> [-2, 65534]
"now = 20is".unpack('M*')           #=> ["now is"]
"whole".unpack('xax2aX2aX1aX2a')    #=> ["h", "e", "l", "l", "o"]

前のページ

次のページ

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: