> RSTPの設定 – ネットワークエンジニアチュートリアル

RSTPの設定

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

RSTPの設定

練習用 今回もポートの設定をして見ましょう

Catalystでは、デフォルトでスパニングツリーのモードはSTP(PVST+)として有効化されています。

→このモードをRSTP(rapid PVST+)に変更する必要があります

構文 (config)# spanning-tree mode [ mst | pvst | rapid-pvst ] 


ラピッドスパニングツリープロトコルの有効化

構文 (config)# spanning-tree vlan vlan-id

ラピッドスパニングツリープロトコルの無効化

構文 (config)# no spanning-tree vlan vlan-id


ブリッジプライオリティの設定

構文(config)# spanning-tree vlan vlan-id priority priority


エッジポートの設定

構文 (config-if)# spanning-tree portfast

構文 (config)# spanning-tree portfast default


ポートコストの設定

構文 (config-if)# spanning-tree vlan vlan-id cost cost


ポートプライオリティ値

デフォルトで128 指定できる値の範囲は [ 0 ~ 240 ]

構文 (config-if)# spanning-tree vlan vlan-id port-priority priority


次のページ 10Etherchannelの概要

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-16 更新日:

執筆者: