RSTPの設定

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

RSTPの設定

練習用 今回もポートの設定をして見ましょう

Catalystでは、デフォルトでスパニングツリーのモードはSTP(PVST+)として有効化されています。

→このモードをRSTP(rapid PVST+)に変更する必要があります

構文 (config)# spanning-tree mode [ mst | pvst | rapid-pvst ] 


ラピッドスパニングツリープロトコルの有効化

構文 (config)# spanning-tree vlan vlan-id

ラピッドスパニングツリープロトコルの無効化

構文 (config)# no spanning-tree vlan vlan-id


ブリッジプライオリティの設定

構文(config)# spanning-tree vlan vlan-id priority priority


エッジポートの設定

構文 (config-if)# spanning-tree portfast

構文 (config)# spanning-tree portfast default


ポートコストの設定

構文 (config-if)# spanning-tree vlan vlan-id cost cost


ポートプライオリティ値

デフォルトで128 指定できる値の範囲は [ 0 ~ 240 ]

構文 (config-if)# spanning-tree vlan vlan-id port-priority priority


次のページ 10Etherchannelの概要

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。