> QOS① – ネットワークエンジニアチュートリアル

QOS①

QoS(Quality of Service)とはネットワーク上で提供するサービス品質のことでありコマンドでもある。ネットワーク機器にQoSを実装することで、特定の通信を制御したり、止めたりできる。

この時にCAMテーブルとTCAMテーブルに分かれます。


CAMテーブルとTCAMテーブル

CAMテーブル

CAM ( Content Addressable Memory ) と呼ばれるメモリでMACアドレステーブルの検索ハードウェアで行い高速処理を行います

TCAMテーブル

TCAM(Ternary CAM)と呼ばれるメモリでルーティングテーブルの検索セキュリティACLQoS ACLなどをハードウェアによって高速処理を行います。


CEF

ルータが、パケットを着信インターフェースから発信インターフェースへ転送する機能をスイッチングと言います。

CEF とは、ルータの高度なレイヤ 3 スイッチング テクノロジーです。 CEF では、シスコのルー タが入力インターフェイスから出力インターフェイスへパケットを転送するための、最も高速な 方法を定義しています。

2つのテーブル(FIB,Adjencyテーブル)を使用して、パケットの転送を行います。

FIBテーブル

ルーティングテーブルに該当する役割( ルーティングテーブルをもとに作成 、プレフィックスベースの IP 宛先スイッチングの判定を行うために、転送情報ベース(FIB)を使用します。

Adjacencyテーブル

ARPテーブルをもとに作成


 

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。下のボタン押してもらえるととても幸せです。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

投稿日:

執筆者: