> PAPとCHAP – ネットワークエンジニアチュートリアル

PAPとCHAP

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

PAP CHAP

PAP
PAPでは、認証される側のクライアントからユーザ名とパスワードを認証サーバに送りその情報をもとにアクセスサーバ側に登録されたデータベース(ユーザ名とパスワード)と照合して認証を行う。
2wayハンドシェイク

CHAP
内容はPAPとほぼ同じだが、PAPのようにクリアテキストのままパスワードを送信したりしません 3wayハンドシェイク
では設定をしてみましょう

CHAP リンクからダウンロードしてください

RT2(すいませんルーター1になってますがRT2です)

 

 

 

RT3(すいませんルーター2になってますがRT3です)

次のページ

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-28 更新日:

執筆者: