> OSPFV6の設定 – ネットワークエンジニアチュートリアル

OSPFV6の設定

OSPFV3

OSPFV3の設定をしていきましょう

 

 

 

 

 

 

OSPFv3.pkt  ダウンロードして実行しましょう

①IPv6の有効化

構文 (config)# ipv6 unicast-routing

②OSPFv3プロセスを起動

構文 (config)# ipv6 router ospf process-id

③OSPFv3でルータIDを設定

構文 (config-rtr)# router-id x.x.x.x

④インターフェース上でOSPFv3の有効化

構文 (config-if)# ipv6 ospf process-id area area-id

RT1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RT2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RT3

 

 

 

 

 

 

 

show run

IP6の設定がわかると思います

 

 

 

 

 

 

 

 

show ipv6 route

 

 

 

 

 

 

 

 

show ipv6 ospf

ipv6で設定されていることがわかると思います

 

 

 

 

 

 

 

 

show ipv6 ospf neighbor

 

 

 

 

 

 

 

 

show ipv6 ospf database

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。下のボタン押してもらえるととても幸せです。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

投稿日:

執筆者: