> OSPF パッシブインターフェイスとOSPFロードバランシング – ネットワークエンジニアチュートリアル

OSPF パッシブインターフェイスとOSPFロードバランシング

ではパッシブインターフェイスとOSPFロードバランシングの設定をしてみます

パッシブインターフェイス ではダウンロードして作業しましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

構文 passive-interface fa (@)

 

 

 

 

 

 

 

 


OSPFロードバランシング

ロードバランシング.pkt ファイルを設定してみましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

一番左のルーターに設定することでロードバランシングを実行できます

構文 (config-router)maximum-path (@)

例 (config-router)maximum-path  5  5台にロードバランシングする

 

 

 


 

次のページ ★37OSPF HELLO Dead インターバルの設定 OSPFの認証

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。下のボタン押してもらえるととても幸せです。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

投稿日:

執筆者: