OSPFの概要

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

OSPFの概要

今回からはルーティングプロトコルのOSPFを学習していく、まずおさらいとしてルーティングプロトコルの種類を確認しておく


ダイナミックルーティングプロトコルの中のOSPF

①ディスタンスベクタ型ルーティングプロトコル。

②リンクステート型ルーティングプロトコル。

何かよくわからないというかたはこちらから復習をしてみてください。

OSPFはリンクステート型ルーティングプロトコルに分けられる。


リンクステート型ルーティングプロトコルの特徴

①スケーラブルに設定できる

②HELLOを最初に送りネイバーを確立

③リンク情報を互いに交換

④SPFアルゴリズムを使い、最短パスを計算

⑤イベントトリガーアップデート(障害やネットワーク変更のたびアップデート)

⑥コンバージェンスが高速

⑦トポロジー全体を把握


OSPFの概要

次はOSPFの概要を確認します。

①マルチベンダーサポート(色々な会社の機器で使える)

②リンクステート型ルーティングプロトコル

③HELLOパケットを交換、OSPFネイバー関係を確立

④LSAをフラッディングし、LSDBに格納

OSPFはLSAと呼ばれるリンクステート情報を交換する。そしてLSDBというデーターベースにその情報が格納される

⑤SPFアルゴリズム

SPFアルゴリズムにより宛先ネットワークへの最短パスを計算します。

⑥高速コンバージェンスが可能

⑦マルチキャストをサポートする

⑧メトリックはコストを採用

リンクの帯域幅で計算をする

⑨クラスレスルーーティング

⑽階層型ルーティング(エリア単位)

11エリア単位でルーティングテーブル情報(LSA)を交換できる

12手動経路情報をサポート

13認証機能をサポート


ちょっとわかりづらい場合はルーティングの基本を再度確認してみましょう

①ルーティングの基礎1

②ルーティングの基礎2

次のページ 30OSPFの動作

 

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。