> OSPFの概要 – ネットワークエンジニアチュートリアル

OSPFの概要

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

OSPFの概要

5段階のパケット

OSPFでは以下のパケットを隣接ルータとやり取りして、ネイバー関係を確立した上で、ネイバーテーブル、LSDB、ルーティングテーブルを最新に保つことを行う。

①Hello Helloパケットは、ネイバーを検出するためのパケット。ネイバーを検出してネイバー関係を確立した後のキープアライブ(ネイバー維持)としても使用される。マルチキャスト ( 224.0.0.5 ) として送信される

②DBD DBD(Database Description)パケットは、自身のLSDBに含まれているLSAのリスト一覧でLSDBの同期をチェックする。

③LSR LSR(Link State Request)パケットは自身のLSDBに不足しているLSAがあった場合、必要なLSAを要求するために使用される。

④LSU(Link State Update)パケットは、LSRで要求されたLSAを送信するために使用。

⑤LSAck LSAck(Link State Acknowledegment)は、LSUを受信したことを通知するための確認応答として送信。


OSPFテーブル(ネイバーテーブル)

①OSPFでは隣接ルータとHelloパケットを交換することでネイバー関係を確立します

②マルチキャスト(224.0.0.5)で送信し、ネイバーテーブルを確率します

③ネイバー確立後、ネイバー関係を維持するため定期的にHELLOパケットを配信する

 

 

 


OSPFテーブル(LSDB)

①ネイバー関係の確立後、OSPFルータは自身の持つリンク情報をLSA(Link State Advertisement)としてお互いに送信。受信したLSAをトポロジテーブルに格納する。

②OSPFではトポロジテーブルのことをLSDB( Link State Database )と呼びます。LSDBは同じエリア内(エリア1なら1内で)の全てのルータで同じLSDBを保持します。

 

 

 

 

 

 

 

もちろんこの3つが同じエリアというのが条件です。


OSPFテーブル(ルーティングテーブル)

①トポロジマップを作成したOSPFルータでは、次にSPFアルゴリズムを実行し階層ツリーのSPFツリーを作成します

②SPFでは、各ルータは自身をルートとして頂点に位置付け、宛先ネットワークへのコスト合計値を計算します

コスト =100mbps   ➗ 帯域幅

例10mbpならコスト10となる


router-id

router-idはルーターを認識するための一意(オンリーワン)の番号を表します。

設定方法として

①router-idコマンドによる手動設定

②アクティブなループバックインタフェースのうち最大のIPアドレス

③アクティブなインタフェースのうち最大のIPアドレス

となり、①〜③の順番で優先度が高くなります。


、ネイバーとアジャセンシー

●ネイバー関係を確立する流れ

①Down State 停止状態。OSPFルータを起動した直後の状態。リンクアップするとHelloパケットの送信を開始。

②Init State 初期状態。ネイバールータから Helloパケットをはじめて受信した状態になる。

③2Way State 双方向状態。ネイバールータの存在を認識してHELLOをお互いに送信する

 

 

 

●アジャセンシー

OSPFルータは2Way State状態になりDR/BDRの選出が完了すると、ネイバー中で実際にLSAを交換し、LDSBの同期をとる。


DR/BDR

アジャセンシーでDR、BDRという言葉が出てきましたので確認します。OSPFでは優先度により各ルーターで代表ルーターを決める動きを行います。

DR (Designated Router) と呼ばれる代表ルータ

BDR (Backup Designated Router) と呼ばれるバックアップ代表ルータがあります。

またそれにすらなれなかったDROTHERがあります

 


DRとBDRの選出

ではどのように選出されるのでしょうか?

① OSPFプライオリティ値が最も大きいルータがDR

② OSPFプライオリティ値が2番目に大きいルータがBDR

③ OSPFプライオリティ値が同じ場合、ルータIDが最も大きいルータがDR、2番目に大きいルータがBDR

④その他がDROTHER

 

 

 

 

 

この絵だと、DRとBDRを選出する時の要件はルーターIDで選出されているということになります。


 

 

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: