OSI参照モデル〜CCNA試験対策〜

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

OSI参照モデルとは

ネットワークで必要とされる機能を7階層で表したもの。

例えばケーブルをつないで、メールを送るまでなどの過程でコンピューター内で何が起こっているかを表している。

このOSI参照モデルはISOという団体により定義されました。ここら辺のお話が興味があればwikiってみてください。

以下図解

「osimodel」の画像検索結果

下から①物理層②データリンク層③ネットワーク層④トランスポート層⑤セッション層⑥プレゼンテーション層⑦アプリケーション層となります。

①物理層とは

例えばケーブルを繋いだ時、みなさんから見えませんがコンピューターは物理層で01010100000みたいな信号を送っているわけですね。

機械はこの2進数(01010000のような)0と1で会話しています。

1ビット脳 ってやつですね。60パーセントや70パーセントも許容できるようになりたいですね。

「physical layer」の画像検索結果

「physical layer」の画像検索結果

0101の信号を変換、ケーブルなどを指す。

②データリンク層

同一リンク上(LANとLANを結んだ線)にある機器と正しく接続するための層

こんなイメージ。ルーターでなくスイッチを挟んだ間での通信

データリンク層ではLANで各ノードにハードウェアアドレス( 例 : MACアドレス )を割り当て、その情報
をもとに通信を行います

③ ネットワーク層

異なるネットワークに相互に接続した時にエンドツーエンド(端にある機械から機械へ)で通信するための経路を決める役割がある

 

*ここではルーターを超えたところと覚えて置いてください

 

④トランスポート層

データーを確実に届けるための層

後々説明。

⑤セッション層

通信を行うプログラム同士の確立、維持、終了を定義する。

 

⑥プレゼンテーション層

データを受信側でも正しく読めるようにする。

文字コードというものがありそれが2台のパソコン同士違っていても、文字が読めるようにする。

例えば英語を話している相手に「こんにちは」で返しても良いでしょうか?よくないですよね。

 

⑦アプリケーション層

言葉のままアプリケーションのこと、メールやwebページの閲覧など。ユーザーに一番近い場所

カプセル化 非カプセル化

 

 

 

 

 

ヘッダと呼ばれる、データを付け加えていき、受信側で外していくこと。図を参照

パッと説明しましたが、非常に重要になりますのでおぼえておきましょう。

次のページ 5 2進数 10進数 16進数 の 計算

3ヶ月10万円で受講できる転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

 

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。