> NTPによる時刻同期 – ネットワークエンジニアチュートリアル

NTPによる時刻同期

NTP

NTP(Network Time Protocol)は、コンピュータに内蔵されているシステムクロックをネットワークを介して正しく同期させるためのプロトコルになります。

 

 

 

 

 

 


NTPアソシエーションモード

NTPを実行しているマシンの間の通信をアソシエーションと言います。相互に関連つけるためのアソシエーションモードには次の3つがあります

*アソシエーションは組織という意味

Client、Serverモード  NTPクライアントがNTPサーバに対して一方的に同期を行うモード。
Symmetric
Active/Passiveモード
 同じ階層に属するNTPサーバ同士で提携される。相互にバックアップとして使用される
broadcastモード  サーバーがブロードキャストでNTPパケットを送信する。クライアントサーバーで特定のサーバーを指定する必要がなくなる。

NTPの基本設定

では下記のパケットトレーサーでルーターに対して、コマンドを打ちながら確認していきましょう。

NTPの設定

①NTPの基本設定

NTPサーバーとNTPクライアント間のアソシエーション(組織)を形成し同期を行うには下記の構文を使います。

構文

NTPクライアントに設定

 (config)# ntp server [ ip-address | hostname ]

IP addressはNTPサーバーのIP,

もしくはhostname

 

 

 

 

 

 


NTPサーバーに設定

(config)# ntp master

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。下のボタン押してもらえるととても幸せです。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

投稿日:

執筆者: