> MLP(Multilink PPP) – ネットワークエンジニアチュートリアル

MLP(Multilink PPP)

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

MLP(Multilink PPP)

MLP(Multilink PPP)とは名前の通りマルチリンクのPPPとなる、仮想的な1つのリンクにする技術といってもいい。

利点として帯域幅が大きく使えるという点がある。

 

 

 

 

このように複数回線を一つの仮装回線として使える。


MLPの設定

①MLPインターフェースの設定

構文 (config)# interface multilink bundle-number

bundle-number エリアIDのように識別するための番号を指定

②MLPリンクへのIPアドレスの設定

構文 (config-if)# ip address ipaddress subnetmask

③MLPの有効化

構文 (config-if)# ppp multilink

④MLPの設定

構文 (config-if)# ppp multilink group group-number

物理インターフェースの設定

①シリアルインターフェースのIPアドレス削除

構文 (config)# interface Serial interface-id
(config-if)# no ip address

②シリアルインターフェースのカプセル化タイプの設定

構文 (config-if)# encapsulation ppp

③マルチリンクPPPの有効化

構文 (config-if)# ppp multilink

④マルチリンクグループの設定

構文 (config-if)# ppp multilink group group-number


 

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: