MLP(Multilink PPP)

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

MLP(Multilink PPP)

MLP(Multilink PPP)とは名前の通りマルチリンクのPPPとなる、仮想的な1つのリンクにする技術といってもいい。

利点として帯域幅が大きく使えるという点がある。

 

 

 

 

このように複数回線を一つの仮装回線として使える。


MLPの設定

①MLPインターフェースの設定

構文 (config)# interface multilink bundle-number

bundle-number エリアIDのように識別するための番号を指定

②MLPリンクへのIPアドレスの設定

構文 (config-if)# ip address ipaddress subnetmask

③MLPの有効化

構文 (config-if)# ppp multilink

④MLPの設定

構文 (config-if)# ppp multilink group group-number

物理インターフェースの設定

①シリアルインターフェースのIPアドレス削除

構文 (config)# interface Serial interface-id
(config-if)# no ip address

②シリアルインターフェースのカプセル化タイプの設定

構文 (config-if)# encapsulation ppp

③マルチリンクPPPの有効化

構文 (config-if)# ppp multilink

④マルチリンクグループの設定

構文 (config-if)# ppp multilink group group-number


 

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。