> IPv6アドレスの設定(復習) – ネットワークエンジニアチュートリアル

IPv6アドレスの設定(復習)

IPv6アドレスの手動設定

ルーターのインターフェイスに対してIPv6ユニキャストアドレスを自動設定する場合

構文

(config-if)# ipv6 address address/length [ eui-64 ] [ anycast ]

eui-64 インターフェイスIDをeui-64で生成

any cast エニーキャストアドレスとして設定したい場合anycast キーワードを入力する


リンクローカルアドレス

各インターフェイスでIPV6を有効化すると、リンクローカルアドレスが自動的に割り当てられる。

このアドレスはインターフェイスのMACアドレスに基づいてEUI-64で自動生成されます。

インターフェイスに対するIPV6の有効化

構文

(config-if)# ipv6 enable

リンクローカルアドレスの有効化

(config-if)# ipv6 address <ipv6addres> link-local

 


ipv6アドレスの検証

では上記のコマンドを実際に入力して見ましょう

IPV6練習用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入力が終わったらshow run で確認して見ましょう!


IPV6ルーティング

スタティックルートの設定

IPV4同様にIPV6でもスタティックルートを設定できる。管理者が手動で設定

IPv6スタティックルートの設定

構文

(config)# ipv6 route prefix/length [ nexthop | interface ] distance

prefix/length 宛先ネットワークとそのプレフィックス長の指定

nexthop 宛先ネットワークに到達するためのネクストホップの指定

interface 宛先ネットワークに到達するためのインターフェイス。隣接しているインターフェイス。

distance アドミニストレーティブディスタンスの指定

基本設定に(config)# ipv6 route prefix/length [ nexthop | interface ] distanceを加えればスタティックルートが設定できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R1とR2に了承入力してみましょう!


スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。下のボタン押してもらえるととても幸せです。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

投稿日:

執筆者: