> HDLCとPPP(LCP ,NCP) – ネットワークエンジニアチュートリアル

HDLCとPPP(LCP ,NCP)

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

HDLC

WANカプセル化プロトコルにはHDLCがあります。

HDLC( High-level Data Link Control )は、シリアルインターフェースで専用線などのポイントツーポイント接続で使用するデータリンク層プロトコル。

フレームフォーマットは下記の通り。

フラグシーケンス アドレス コントロール 情報 FCS フラグシーケンス
8ビット 8ビット 8ビット もしくは 16ビット 可変長, 0もしくは8の倍数ビット 16ビット 8ビット

HDLCの設定

では早速設定をしてみましょう

構文 Router(config-if)# encapsulation hdlc

HDLC  リンクを開いて設定をしてください

 

 

 

 

 

 

RT2

 

 

 

 

 


PPP

PPP( Point-to-Point Protocol )は、専用線などのポイントツーポイント接続で最もよく使用されるデータリンク層のプロトコルです。PPPはオプションとして認証、圧縮、マルチリンク、エラー制御をサポートしています。

フラグシーケンス

アドレス

制御

タイプ

情報

FCS

フラグシーケンス

8ビット 8ビット 可変長, 0もしくは8の倍数ビット 16ビット 8ビット

PPP のLCP (Link Control Protocol)

LCP (リンク制御プロトコル)はリンク確立、維持、切断処理をします。

PPP のNCP(ネットワーク制御プロトコル)

ネットワーク層がIPならIPCP、IPXならIPXCPをNCPとして使用し通信の開始、終了をします。
PPPの接続は、

①LCPでリンクの確立 ②認証(認証がある場合)③NCPで接続の確立の順です。


PPPの設定

では設定をしてみましょう

 

 

 

 

 

 

PPP  リンクを開いて設定してください

RT2

 

 

 

 

RT3

 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: