Etherchannelの設定(スタティックとダイナミック、PAgP、LACP、ロードバランシング)

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

Etherchannelの設定の注意点

ではEtherchannelの設定を行っていきますが注意点があります。

チャネルグループ内のすべてのポートを以下の同じ構成にする必要があります。

1同じ速度であること

2同じ二重モード

3アクセスポートかトランクポートのいずれかを統一すること

4アクセスポートの場合、同じVLANを割り当てる

5トランクポートの場合、ネイティヴVLAN及びALLOEDVLANを割り当てる。

6トランクポートの場合、同じトランクプロトコルを(802.1QまたはISL)に揃えること

7DTPを使用する場合、ネゴシエート結果として同じモードに揃えること

 


 

 

 

 


Etherchannelの設定

スタティックとダイナミックの2種類の設定方法がある

スタティック  物理ポートでネゴシエーションせずに強制的にEtherChannelを形成する手法
ダイナミック  物理ポートでPAgPやLCAPプロトコルによりネゴシエーションしてEtherChannelを形成する手法

 

 


ダイナミックな設定

PAgPとLACPに互換性がないため「自身の物理ポート」「対向の物理ポート」とで同じプロトコルを使用する必要になります。

左ダイナミックで使用するプロトコル 右最大ポート数

PAgP 8
LACP 16

PAgPの2種類のモード

PAgPには以下の2種類のモードがあります。

デフォルトのモードは「auto」

CISCOスイッチ間で推奨されているのは「desirable」

設定できるパターン

①両方のポートで「desirable」モードを設定すること

②自身のポートを「desirable」モード、対向のポートを「auto」モードに設定する。

モード
説明

auto

ポートをパッシブ ネゴシエーション ステートにします。このステートの場合、ポートは受信したPAgPパケットを送信する

desirable

ポートをアクティブ にします、ポートはPAgPパケットを送信し、他のポートとのネゴシエーションを開始します。

 


LACPの2種類のモード

LACPはIEEE 802.3adで定義されていて、シスコ製スイッチはIEEE 802.3adプロトコルに準拠するスイッチ間のイーサネット チャネルを管理できます。LACPを使用すると、イーサネット ポート間でLACPパケットを交換することにより、EtherChannelを自動的に作成できます。

速度、デュプレックス モード、ネイティブVLAN、VLAN範囲、トランキング ステータスおよびタイプが同じであるポートがLACPによって設定可能です

passiveとactiveで設定する

passive  消極的なネゴシエーション。物理ポートは受信するLACPパケットに応答するが、ネゴは開始しない。

 

active  積極的なネゴシエーション。物理ポートActiveパケットを送信することでネゴシエーションを開始する。

ロードバランシングの設定

CISCOスイッチでは、EtherChannel のロードバランシング方式としては以下のパターンがあります。

左から転送方式 入力コマンド 内容

送信元MACアドレス src-mac  送信元MACアドレスに基づいてロードバランシングを行う
宛先MACアドレス dst-mac  宛先MACアドレスに基づいてロードバランシングを行う
送信元IPアドレス src-ip  送信元IPアドレスに基づいてロードバランシングを行う
 宛先IPアドレス dst-ip  宛先IPアドレスに基づいてロードバランシングを行う
 送信元と宛先MACアドレス src-dst-mac  送信元と宛先MACアドレスに基づいてロードバランシングを行う
 送信元と宛先IPアドレス src-dst-ip  送信元と宛先IPアドレスに基づいてロードバランシングを行う
 送信元ポート番号 src-port  送信元ポート番号に基づいてロードバランシングを行う
宛先ポート番号 dst-port  宛先ポート番号に基づいてロードバランシングを行う

次のページ ★12Etherchannelの設定(コマンド入力)

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。