> EIGRP for IPV6の概要と設定 – ネットワークエンジニアチュートリアル

EIGRP for IPV6の概要と設定

EIGRP for IPV6

IPV4と同じでDUALを採用している。特徴は下記参照

①ディスタンスペクター型ルーティングプロトコル

②DUALを採用(DUALがよくわからなければここをみてください

③ループフリーな高速コンバージェンス

④定期アップデートはせず、変更時はトリガードアップデート

⑤マルチキャスト、ユニキャストを使用

⑥複合メトリック

⑦ロードバランシング

⑧OSPFよりも設定及び管理が簡単

⑨ネイバーテーブル、トポロジテーブル、ルーティングテーブル

⑩VLSMをサポート

11トランスポート層プロトコル


EIGRPの設定

①IPv6の有効化

構文 (config-rtr)# router-id x.x.x.x

例 (config-rtr)# router-id 9.9.9.9

②インターフェース上でのEIGRP for IPv6の有効化

構文 (config-if)# ipv6 eigrp as-number


EIGRP for IPV6の設定

このように設定したので確認してみてください。

 

 

EIGRP IPV6   リンクから設定をしてみてください

 

RT1

 

 

 

 

 

RT2

 

 

 

 

 

RT3

 

 

 

 

 

show running config

インターフェイスにipv6アドレスと eigrpのas番号がわかります

 

 

 

 

 

 

show ipv6 protocols

プロトコルがわかる

 

 

 

 

 

 

show ipv6 protoclos

 

 

 

 

 

 

show ipv6 neighbors

となりの設定がわかる

 

 

 

 

 

 

show ipv6 route

EIGRPはDで表される。そこに情報が書いてある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のページ 29OSPFの概要

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。下のボタン押してもらえるととても幸せです。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

投稿日:

執筆者: