> EIGRPの概要 – ネットワークエンジニアチュートリアル

EIGRPの概要

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

EIGRPの概要

ではルーティングの基礎をおさらいしたところでEIGRPの設定を行ってみよう。まずEIGRPどんなものなのかを再度確認をしたい。


EIGRPとは

①Cisco独自のプロトコルを使用  シスコ独自のプロトコルである

②ハイブリッド型プロトコル ディスタンスベクタ型&リンクステート型の共通点を組み合わせたルーティング。

③複合メトリックの使用 メトリック値に「帯域幅、遅延、信頼性、負荷、MTU」などを組み合わせたメトリック値を採用

⑤クラスレスのサポート 通知するルート情報にサブネットマスクを含められるクラスレスルーティングを採用している

⑥手動経路集約 手動経路集約が可能。

⑦マルチキャストの使用 EIGRPパケットは全てマルチキャストやユニキャストで送信されます。224.0.0.10で送信されます。

⑧コンバージェンスの高速化 DUALにより最適ルートとバックアップルートを選択している(DUALの説明は後で)


EIGRPテーブル

ネイバーテーブル、トポロジテーブル、ルーティングテーブルの3つのテーブルがあります

①ネイバーテーブル  Helloパケットによりネイバー関係が確立されたEIGRPルータのネイバーリスト。ネイバーのアドレスとネイバーに隣接するインターフェイスが記載されています。

②トポロジテーブル 学習した宛先ネットワークへの全てのルートを保持するデータベース。EIGRPネットワークにおける送信先ネットワークの一覧と、それぞれのメトリック情報のテーブルである。そして、それぞれの送信先について、サクセサが記述してある。ルーティングが安定している送信先は「パッシブ」、ルーティングに変更があり更新中の送信先は「アクティブ」とされている

③ルーティングテーブル トポロジテーブルから得られた最適ルート。受信したパケット転送の際に使用。実際のルーティングで使用される。


DUAL

EIGRPでは高速収束の実現のために、DUAL(Diffusing Update Algorithmを使用します

DUALは受信した経路情報に基づいて計算して、最適な経路を計算します。

結果、「ネクストホップから宛先ネットワーク(アドバイタズドディスタンス(AD)」をルーティングテーブルに保存して、「ローカルルーターから宛先ネットワークへ(フィージブルサクセサ(FD)」をトポロジーテーブルへ保存します。

 

 

 

 

 

 


サクセサとフィージブルサクセサ

サクセサ

ループにならない(経路が一つのみ)が保証されている最小のコスト(最小FD)をもつネクストホップルーターです。

フィージブルサクセサ

バックアップルート。サクセサのダウン時に即サクセサとなるルート。

 

 

 

 

 

 

 

 


サクセサとフィージブルサクセサの選択

サクセサ

ルーティングテーブルに格納される最適ルート (サクセサ) は、トポロジテーブルで最小のFDを持つルートです。

図では2000、3000、5000を比較すると 2000 が最小なのでR2経由のルートがサクセサになります

フィージブルサクセサ

バックアップルート (フィージブルサクセサ) になれるのはサクセサのFD (2000) よりも小さいADを持つルートです

R4にないます

 

 

 

 

 

 

 

 

宛先

ネクストホップ    FD       AD

R

R

2000

2000

R

R

3000

3000

R

R

4000

1000

 


 

次のページ ★25EIGRPの基本設定

 

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-21 更新日:

執筆者: