> EIGRPの基本設定 – ネットワークエンジニアチュートリアル

EIGRPの基本設定

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

EIGRPの基本設定

①EIGRPプロセスの起動

EIGRPのAS番号には 1 ~ 65535 の値が使用できます。

構文 (config)# router eigrp autonomous-system

autonomous-system AS番号1 ~ 65535の範囲で指定

②EIGRPを有効化するインタフェースの指定

EIGRPを有効化するインターフェースを指定して、networkコマンドを使う。

構文 (config-router)# network address wildcard-mask

address インターフェイスに対してネットワークアドレス」または「インターフェースのIPアドレス」を設定

wildcard-mask ワイルカードマスクの指定


基本設定

それでは実際に設定をしてみましょう。下の図のように設定しました。

EIGRPの設定 リンクを開いて設定をしてみましょう。

RT1 クラスフルで設定

 

 

RT2 ワイルードカードマスクで設定

 

 

 

RT3 ネットワークで設定

 

 

このように様々な設定パターンがあるということを覚えといてください。


EIGRPの設定その②

では次は下記のように設定をしましたので設定をしてください。

EIGRP  リンクをクリックしてファイルをダウンロードしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

RT1

 

 

 

RT2

 

 

 

RT3

 


 


設定確認

show ip protocols

show ip eigrp neighbors

show ip route

show ip eigrp interface

 

 

 

 

 

show ip route

show ip eigrp traffic

 

 

 

 

 


 

 

 

 

次のページ ★26EIGRPのオプション設定(パッシブインターフェイス)

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-22 更新日:

執筆者: