> CISCOパケットトレーサーの使い方③〜CCNA対策〜 – ネットワークエンジニアチュートリアル

CISCOパケットトレーサーの使い方③〜CCNA対策〜

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

CISCOパケットトレーサーの使い方③〜CCNA対策〜


では私のサイトで一度どのように使うかを説明して見ましょう。

CISCOスイッチデバイスへの接続〜CCNA試験対策〜

ここの上のリンクのパケットトレーサーを使って、作業をしてみましょう。

①事前にZIP解凍ソフトをアップルストアかアンドロイドストアでダウンロードをしておいてください。(画面ではEasy Zipを使用しています)

②パケットトレーサーをアップルストアーかアンドロイドストアでダウンロードしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語でcisco packet tracerと打たないと出てきません。カタカナではダメです。

スマートフォンで練習する場合

練習用 リンクのファイルを開いて下記のコマンドをスイッチに対して入力しましょう。

まずは上記のファイルをダウンロードしてみましょう。

① こんな画面が出たと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②解凍してください(パスワードは入れる必要はありません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来ましたかね。

③こんな画面が出てきたと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④では開いてみましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パケットトレーサーにコピーを選んでください。

⑤そうすると下記のような画面になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動かし方は下記のCISCOパケットトレーサーの使い方②を参照してみてください

 

CISCOパケットトレーサーの使い方②〜CCNA対策〜

前のページ  CISCOパケットトレーサーの使い方②

次のページ  CISCOパケットトレーサーの使い方④

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2018-05-27 更新日:

執筆者: