Ciscoイメージのライセンス〜CCNA試験対策〜

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

Ciscoイメージのライセンス


この章はイメージが掴みづらいですが、このようなものがあると思ってください。

第2世代のCisco ISR G2(1900/2900/3900) シリーズから新しいライセンスモデルを採用してます。

これらのルーターにはプラットフォームごとに1つのユニバーサルイメージがインストールされます。

このユニバーサルイメージには全てのフィーチャ(機能)が含まれていますが、どの機能を利用できるかは購入したライセンスに依存します。第一世代はこのように多くの種類のライセンスが必要だったが第二世代ではライセンスイメージひとつで様々な機能をつかうことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライセンスタイプ


Cisco IOSのライセンスタイプには、以下の4種類があります

Permanent License  有効期間がなく永続的に使用できるライセンス。
 Temporary License 60日間だけ有効な評価ライセンス。
 Uncounted or Counted Lisence  指定した回数だけ有効になるライセンス。
 Subscription Licenses 一定期間ごとに更新する必要のあるライセンス。

ライセンスの確認


構文

show version

ではパケットトレーサーのルーターの部分で一度確認してください。

ライセンス確認

 

 

 

 

 

ipbaseの部分がライセンスになる。

Ip base…基本的なIP制御機能を提供するテクノロジーセット。

ライセンスの有効化


購入したルータにはいくつかの評価ライセンスが付属しています。それらの機能を有効にするためには以下のコマンドを実行します。

構文

(config)# license boot module [module-name] technology-package [package-name]

module-name  モジュール名の指定。
package-name  テクノロジーパッケージ名の指定securityk9などを設定できる

永久ライセンスのインストール


新規購入ルータにはデフォルトでIP BaseのFeatureがインストールされています。追加で違う機能(feature)を購入したい場合はライセンスファイルを購入してルーターにインストールする必要があります。

 

 

 

 

 

 

このような手順でインストールを行います

 

 

次のページ 31シスコ製品のパスワードリカバリー

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。