> CDP( Cisco Discovery Protocol )〜CCNA試験対策〜 – ネットワークエンジニアチュートリアル

CDP( Cisco Discovery Protocol )〜CCNA試験対策〜

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

CDPとは


CDP ( Cisco Discovery Protocol )はCisco社独自のプロトコルで、データリンク層で動作します。隣接するCisco機器の情報が得られるのが特徴です。

 

 

 

このようにルーターがあるとしてそれぞれシスコ製であれば、CDPでお互いの情報を交換します

CDPとは、Cisco Systems社の通信機器が利用する通信プロトコルの一つで、同じネットワークに接続された同社製の別の機器を検知し、機器同士で固有情報や設定情報などを交換するのに使われる。
CDPはデータリンク層のプロトコルで、同じ物理ネットワークに存在する機器同士で通信することができる。近隣の機器間で、ホスト名やポートID、装置の型番、OSのバージョン、利用可能な機能などの情報を通知しあう。デフォルトでは60秒ごとにこうした情報を送受信し、最後の更新から180秒間を過ぎた情報は破棄される。

CDPで得られる情報

CDPバージョン2のCDPで得られる情報は以下です


Device-ID  隣接デバイスのホスト名
Local Interface  自身のインターフェース情報
Holdtime  CDP情報を保持する時間 (デフォルト:180秒 )
Capability  隣接デバイスのデバイスタイプ (スイッチの場合 : S )
Platform  隣接デバイスのモデル情報 (例:CISCO2921 )
Port ID  隣接デバイスのインターフェース情報 ( 例:Gig 0/1 )

Address

 隣接デバイスのネットワーク層のアドレス
IOS Software  隣接デバイスのIOSソフトウェア、バージョン情報
VTP Domain Name  隣接デバイスのVTPドメイン名 ( only CDPv2 )
Native VLAN  隣接デバイスのネイティブVLANの情報 ( only CDPv2 )
Full/Half Duplex  隣接デバイスのインターフェースのDuplexの情報 ( only CDPv2 )

CDPのコマンド


では下記にパケットトレーサーの見本を置いて置くので確認をしてみてください

CDPの確認 リンクのファイルをダウンロードして、パケットトレーサーで下記のコマンドをルーターに入力してください。

show cdp neighbors

隣接するシスコの機器の情報を示します

Show cdp interface

隣接する有効なインターフェイスを示す

ちなみにcdpを無効にするには

構文

CDPを無効にする

(config)#no cdp run

決められたインターフェイスに対してCDPを無効にする。

(config-if)#no cdp enable

CDPを無効にすることで、無駄な通信を防ぐことになりトラフィックに余裕を持たせることができます。

ここら辺を丁寧に設定できるようになった方が仕事は楽しくなります

次のページ ★26telnet操作


 

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-11 更新日:

執筆者: