> BPDU(Bridge Protocol Data Unit)〜CCNA試験対策〜 – ネットワークエンジニアチュートリアル

BPDU(Bridge Protocol Data Unit)〜CCNA試験対策〜

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

BPDU(Bridge Protocol Data Unit)


BPDU(Bridge Protocol Data Unit)とは

先ほどSTPでポートブロッキングをすることで、ループを防ぐという話をしましたが、これを制御しているのがBPDUです。

STPが有効なスイッチでは定期的にBPDUをマルチキャストアドレスで(0180.C200.0000)で送信します

 

 

 

 

BPDUは複数のフィールドで構成されています。次に、BPDUフレームのフォーマットと各フィールドの役割を示します。

左から フィールド 説明 サイズ

プロトコルID  この値は常に 0 2

 

バージョン  IEEE802.1Dの場合は0になる 1
フラグ  トポロジ変更の通知、確認通知で使用。
1
ルートID  ルートブリッジのブリッジID 8
ルートパスコスト  ルートブリッジに到達するまでの累積コスト 4
ブリッジID  スイッチ自身のブリッジID 8
ポートID  ポートプライオリティとポート番号 2
メッセージエージ  ルートがBPDUを生成してから経過した秒数。
実質的にはルートブリッジに至るホップカウント。
2
マックスエージ  BPDUの最大保持時間。デフォルトで20秒。このタイマーの時間が
経過してもBPDUを受信できない場合は障害が発生したと認識する。
2
Helloタイム  スイッチがBPDUを送信する間隔。デフォルトで2秒。 2
転送遅延  Listening と Learning 状態にとどまる時間。デフォルトで15秒。 2

ブリッジID


ブリッジIDは、スイッチ自身のブリッジIDのこと。ブリッジIDは2byteのブリッジプライオリティと6byteのMACアドレスの計8byteで構成されます

このブリッジIDが最も小さい値のスイッチがルートブリッジと呼ばれ、スパーニングツリープロトコルのツリーの中心となります。

パスコスト


パスコストはツリーの中心であるルートブリッジに至るまでの距離を示す情報です。このパスコスト値はリンクの帯域幅から自動的に計算されます

左から帯域幅 コスト コスト値

10Gbps 2
1Gbps 4
100Mbps 19
10Mbps 100

次のページ 3STPの基本動作

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-13 更新日:

執筆者: