マレーシアでネットワークエンジニアが働いたらどのくらいの贅沢ができるか

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

今日仕事中にふとこんなことを考えました。経済成長著しいマレーシアで働くと、どのくらい贅沢ができるか?サボって調べました


予備知識

1RYM(リンギット、マレーシアのお金)=25円くらい(2017年現在)

中華系 約6000リンギット
インド系 約5000リンギット
マレー系 約4000リンギット

国全体の平均月収は5000リンギット(約15万円)くらいらしい。

https://www.dosm.gov.my/v1/

本気出してマレーシア統計局から数字を出しましょう。笑

どうやら上級エンジニアで450万くらいから通信エンジニアで300万くらいですね。日本の3/2くらい?


では物価

日本のおよそ3分の1程度らしい

てことは我々エンジニアがマレーシアに行けば1000万円くらいの贅沢ができる?という安易な考えができます。笑 素晴らしい

 

 

 

 

 

 

 

 

Originally posted 2017-08-21 22:20:43.

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA