> ㉔ DISTINCTキーワード – ネットワークエンジニアチュートリアル

㉔ DISTINCTキーワード

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

DISTINCTキーワード

SQL DISTINCTキーワードは、SELECTステートメントと一緒に使用され、すべての重複レコードを除去し、固有のレコードのみを取り出すことができる。

あるテーブルに重複レコードが複数ある場合があります。このようなレコードをフェッチする際、重複したレコードをフェッチするのではなく、ユニークなレコードのみをフェッチする方が理にかなっています。

構文

重複レコードを除去するためのDISTINCTキーワードの基本的な構文は次のとおりです。

SELECT DISTINCT column1, column2,.....columnN 
FROM table_name
WHERE [condition]

次のレコードを持つCUSTOMERSテーブルで考えてみましょう

+----+----------+-----+-----------+----------+
| ID | NAME     | AGE | ADDRESS   | SALARY   |
+----+----------+-----+-----------+----------+
|  1 | Tamara   |  32 | Ahmedabad |  2000.00 |
|  2 | Toyota   |  25 | Delhi     |  1500.00 |
|  3 | Canada   |  23 | Kota      |  2000.00 |
|  4 | Mazda    |  25 | Mumbai    |  6500.00 |
|  5 | Suzuki   |  27 | Bhopal    |  8500.00 |
|  6 | Nissan   |  22 | MP        |  4500.00 |
|  7 | kentaro  |  24 | Indore    | 10000.00 |
+----+----------+-----+-----------+----------+

まず、次のSELECTクエリが重複した給与レコードをどのように返すかを見てみましょう。

SQL> SELECT SALARY FROM CUSTOMERS
   ORDER BY SALARY;

salary(2000)が元のテーブルと重複したレコードの2倍になっている次の結果が生成されます。

+----------+
| SALARY   |
+----------+
|  1500.00 |
|  2000.00 |
|  2000.00 |
|  4500.00 |
|  6500.00 |
|  8500.00 |
| 10000.00 |
+----------+

さて、上記のSELECTクエリでDISTINCTキーワードを使用し、その結果を見てみましょう。

SQL> SELECT DISTINCT SALARY FROM CUSTOMERS
   ORDER BY SALARY;

これにより、重複エントリがない場合、次の結果が生成されます。

+----------+
| SALARY   |
+----------+
|  1500.00 |
|  2000.00 |
|  4500.00 |
|  6500.00 |
|  8500.00 |
| 10000.00 |
+----------+

前のページ㉓GROUP-BY句

次のページ①制約

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-09-18 更新日:

執筆者: