> マルチエリアOSPFの概要 – ネットワークエンジニアチュートリアル

マルチエリアOSPFの概要

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

マルチエリアOSPF

OSPFのエリアは、エリア 0 (バックボーンエリア)に他のエリアが隣接する構成となります。負荷分散のため、エリアを増やして1、2、3と分けていくことをマルチメディアOSPFと言います。

 

 

 

 

 

 


ルーターのタイプ

4つのタイプがOSPFには存在します

①内部ルータ 内部ルータは、全てのインターフェースを同じエリアに接続しているルーターをさす

②バックボーンルータ 1つ以上のインターフェースをバックボーンエリアに接続しているルータ。

③ABR( Area Border Router) エリア境界ルータ 異なるエリアを接続しているルータ

例えばエリア0と1の境目のルーターをさす。ABRではエリアごとの LSDB を
保持しており、エリア間のルーティングを行う

④ASBR( AS Boundary Router )  AS境界ルータ 、1つ以上のインターフェースが外部ASのルータと接続しているルータ

外部ASルータ 非OSPFルーター

 

 

 

 


LSAタイプ

LSAタイプは5種類ある

①ルータLSA

生成ルーター :全OSPFルータ 範囲:エリア内 情報:リンク数、リンクの種類、コスト値

②ネットワークLSA

生成ルーター :DR 範囲:エリア内 情報:DRのIPアドレス、セグメント上のルータID一覧

③ネットワーク集約LSA

生成ルーター :ABR 範囲:全エリア 情報:各エリアごとの経路情報、コスト値

④ASBR集約LSA

生成ルーター :ABR 範囲:AS全体 情報:ABRが知っているASBRのルータID、コスト値

⑤AS外部LSA

生成ルーター :ASBR 範囲:AS全体 情報:再配布した経路情報、コスト、ネクストホップ


次のページ ★34マルチエリアOSPFの設定

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: