> パケット交換 – ネットワークエンジニアチュートリアル

パケット交換

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

パケット交換

電気通信事業で行うパケット通信のこと、以下その種類。

①IP-VPN

現在企業で最も利用されているWANサービスです。

IP-VPNはキャリア網のIPネットワークを加入者で共有し、MPLS(Multi-Protocol Label Switching)により企業ごとのネットワークを仮想的に分離する。

利用者で共有の網を使用するという考え方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

②広域イーサネットは、

IP-VPN同様に企業で多く利用されているWANサービスです。

キャリア網で用意されたイーサネット網に、企業ネットワークのイーサネットLANを直接接続して通信を行う

 

 

 

 

 

 

 

③フレームリレー

1つの物理回線上で複数の仮想回線を用意して複数の拠点との通信を可能にしています。仮想回線はVC(Virtual Circuit)と言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

④ATM

ATM(Asynchronous Transfer Mode)は、フレームリレー同様に1つの物理回線を共有して複数の仮想回線を生成することができます

ATMはフレームリレー同様、現在、企業ネットワークのWANサービスとして、ほぼ使用されておりません。

ATMでは53バイトの固定長のデータであるセルを基本的な

通信の単位としています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: