> CISCOパケットトレーサーの使い方①〜CCNA対策〜 – ネットワークエンジニアチュートリアル

CISCOパケットトレーサーの使い方①〜CCNA対策〜

Contents

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

ではまず簡単にメニュー画面の説明をしておきます

インストールがまだの方は以前のページにお戻りください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1メニューバー

ファイル、編集、オプション、表示、ツール、拡張機能、およびヘルプメニューがあります。これらのメニューには 、Open、Save、Pkz(パケットトレーサーの拡張子)として保存、印刷、プリファレンスなどの基本的なコマンドがあります。

2メインツールバー

このバーは、ファイルメニューと編集メニューコマンドにショートカットアイコンを提供します。 このバーには、コピー、ペースト、元に戻す、やり直し、ズーム、描画パレット、 およびカスタムデバイスダイアログのボタンもあります 絵で見てだいたいわかるようになっています。

3共通ツールバー

このバーでは、選択、移動レイアウト、メモの配置、削除、検査、形状のサイズ変更、単純なPDUの追加、 複雑なPDUの追加といった一般的に使用されるワークスペースツールにアクセスできます。 基本的には取り消しのバツボタンくらいしか使いません。

4論理/物理ワークスペース ナビゲーションバー

今回の設定では使いません。

5ワークスペース

この領域では、ネットワークの作成、シミュレーションの監視、や自分の好きなようにルーターやらエンドデバイスを置くことができます。

6リアルタイム/シミュレーションバー

このバーのタブを使って、リアルタイムモードとシミュレーションモードを切り替えることができます 。例えばコマンドをミスってしまうと問合せ待ちになったりとリアルにできています

7ネットワークコンポーネントボックス

このボックスでは、ワークスペースに入れるデバイスと接続ケーブルを選択します。

8デバイスタイプ選択ボックス

ルーターやケーブルなどを選択することができます

9デバイス選択ボックス

このボックスでは、ネットワークに入れるデバイスと、 どのデバイスを接続するのかを選択します。エンドデバイスのパソコンとか選べます

10ユーザー作成パケットウィンドウ

このウィンドウは、シミュレーションシナリオ中にネットワークに入れたパケットを管理します

今回では特に8 9 を使用することになります

前のページ 0CISCOパケットトレーサーのインストール

次のページ 0−2CISCOパケットトレーサーの使い方②

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-19 更新日:

執筆者: