> デバック機能〜CCNA試験対策〜 – ネットワークエンジニアチュートリアル

デバック機能〜CCNA試験対策〜

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

デバック機能


シスコIOSにはデバック機能というものがあります。

デバックとはルーターやスイッチなどをリアルタイムで監視するための機能です。

主な用途としてトラブルシューティングで使われますが、非常に高負荷なので、職場によっては使うことが禁止されている場合もあります

デバックの実行


構文

(config)#debug

これを使うことによりデバックを有効にできる。

(config)#undebug all

これを使うことによりデバックを停止できる。

おそらく使うことはないと思います。

デバックおよびログのタイムスタンプの設定

デバックやログの出力メッセージの先頭には「現在の日付と時刻」「システムが起動してからの経過時間」がスタンプされます。このタイムスタンプを変更するにはservice timestampsコマンドを使用します。

構文

デバックのタイムスタンプの設定

(config)#service timestamps debug[uptime | datatime | msec]

構文

ログメッセージのタイムスタンプの設定

(config)#service timestamps log[uptime | datatime | msec] [uptime | datatime | msec]のどれかを入力できます

Uptime…システムが起動してからの経過時間

Datatime…ローカルに設定またはNTPで同期された日付と時刻をスタンプ

Msec…ミリ秒単位で表示(オプション)

デバック中はCPUの使用率が跳ね上がりますのでどのくらいCPUを使っているか

確認するコマンドです

構文

show process[cpu | memori]

cpu…cpuの使用率

memory..メモリの使用率

システムクロックの設定

ログをとるときに時間を記録するのは重要になります。コンピューターには時刻設定機能があり、もちろんシスコ機器にも存在します。その時間を確認するためのコマンドです

構文

#show clock

システムクロックの設定の設定構文

#clock set [hh:mm:ss][day][mouth][year]

左から時間 日付 日にち 月 年

タイムゾーンの設定

これで現在の時刻を自動で取得できる

#clock timezone [JST 9]

Jst 9 日本を設定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のページ 29シスコIOSの管理

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-11 更新日:

執筆者: