ディスタンスペクター型ルーティング

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

おさらい…..ルーティングのアルゴリズムの中には、ディスタンスペクターとリンクステートが

あると以前記述しました。今回はそのディスタンスペクター型の中の一つのルーティングであるRIPv2

を説明します。

ディスタンスペクター型は(距離)と(方向)で最適経路を割り出す方法です。

ざっと特徴を書き出します

 

 

 

 


ディスタンスペクター型ルーティングの機能

ディスタンスペクター型ルーティングではループ(同じネットワーク内でパケットが回り続けること)などを防ぐために様々な機能を搭載しています。

 

 

 

 


RIPv2の設定

RIPv2の設定はとても簡単です。

またパケットトレーサーで作成をしたので確認をして見てください。

RIPv2.pkt

zipを開いて起動させてみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。