> ディスタンスペクター型ルーティング – ネットワークエンジニアチュートリアル

ディスタンスペクター型ルーティング

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

おさらい…..ルーティングのアルゴリズムの中には、ディスタンスペクターとリンクステートが

あると以前記述しました。今回はそのディスタンスペクター型の中の一つのルーティングであるRIPv2

を説明します。

ディスタンスペクター型は(距離)と(方向)で最適経路を割り出す方法です。

ざっと特徴を書き出します

 

 

 

 


ディスタンスペクター型ルーティングの機能

ディスタンスペクター型ルーティングではループ(同じネットワーク内でパケットが回り続けること)などを防ぐために様々な機能を搭載しています。

 

 

 

 


RIPv2の設定

RIPv2の設定はとても簡単です。

またパケットトレーサーで作成をしたので確認をして見てください。

RIPv2.pkt

zipを開いて起動させてみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: