スウィフト – 環境設定

スポンサーリンク

プログラマになるのに遅いということはない!
天職を本気で考えている方向けのプログラミングスクールです。 転職を保証しているため、未経験からIT業界へ転職を求めている方へおすすめです! 学習終了から3ヶ月で転職できなかったら 全額返金制度あり!

----------------------------------------------------------------------------------------

ローカル環境設定


Swift 4は、学習目的のためのプレイグラウンドプラットフォームを提供しています。これは使い方にある程度慣れてもらうためです。

PlaygroundでSwift 4コーディングを開始するにはxCodeソフトウェアが必要です。Swift 4のコンセプトに慣れたら、iSO / OS xアプリケーション開発用にxCode IDEを使用できます。

まず、Apple Developer Webサイトにアカウントをお持ちになってください。ログインしたら、次のリンクにアクセスしてください。 – Apple Developersのダウンロード

これは、以下のように利用可能ないくつかのソフトウェアを一覧表示します –

ソフトウェア一覧

ここでxCodeを選択し、ディスクイメージの近くにある特定のリンクをクリックしてダウンロードします。dmgファイルをダウンロードしたら、それをダブルクリックして指示に従ってインストールすることができます。最後に、指示に従ってxCodeアイコンをApplicationフォルダにドロップします。

Xcode

これで、マシンにxCodeがインストールされました。次に、アプリケーションフォルダからXcodeを開き、利用規約に同意した後に進みます。すべてが問題ない場合は、次の画面が表示されます。

Xcodeを開く

プレイグランドオプションを開始するを選択し、プレイグランドの名前を入力し、プラットフォームとしてiOSを選択します。最後に、次のようにPlaygroundウィンドウが表示されます。

プレイグランドウィンドウ

以下は、デフォルトのSwift 4 Playground Windowから取得したコードです。

import UIKit
var str = "Hello, playground"

OS Xプログラム用に同じプログラムを作成した場合は、import Cocoaが含まれ、プログラムは次のようになります。

import Cocoa
var str = "Hello, playground"

上記のプログラムが読み込まれると、プレイグラウンド結果エリア(右手側)に次の結果が表示されます。

Hello, playground

おめでとうございます。これで学習をする準備が整いました!

前のページ   次のページ

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。