> スウィフト – 環境設定 – ネットワークエンジニアチュートリアル

スウィフト – 環境設定

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

ローカル環境設定


Swift 4は、学習目的のためのプレイグラウンドプラットフォームを提供しています。これは使い方にある程度慣れてもらうためです。

PlaygroundでSwift 4コーディングを開始するにはxCodeソフトウェアが必要です。Swift 4のコンセプトに慣れたら、iSO / OS xアプリケーション開発用にxCode IDEを使用できます。

まず、Apple Developer Webサイトにアカウントをお持ちになってください。ログインしたら、次のリンクにアクセスしてください。 – Apple Developersのダウンロード

これは、以下のように利用可能ないくつかのソフトウェアを一覧表示します –

ソフトウェア一覧

ここでxCodeを選択し、ディスクイメージの近くにある特定のリンクをクリックしてダウンロードします。dmgファイルをダウンロードしたら、それをダブルクリックして指示に従ってインストールすることができます。最後に、指示に従ってxCodeアイコンをApplicationフォルダにドロップします。

Xcode

これで、マシンにxCodeがインストールされました。次に、アプリケーションフォルダからXcodeを開き、利用規約に同意した後に進みます。すべてが問題ない場合は、次の画面が表示されます。

Xcodeを開く

プレイグランドオプションを開始するを選択し、プレイグランドの名前を入力し、プラットフォームとしてiOSを選択します。最後に、次のようにPlaygroundウィンドウが表示されます。

プレイグランドウィンドウ

以下は、デフォルトのSwift 4 Playground Windowから取得したコードです。

import UIKit
var str = "Hello, playground"

OS Xプログラム用に同じプログラムを作成した場合は、import Cocoaが含まれ、プログラムは次のようになります。

import Cocoa
var str = "Hello, playground"

上記のプログラムが読み込まれると、プレイグラウンド結果エリア(右手側)に次の結果が表示されます。

Hello, playground

おめでとうございます。これで学習をする準備が整いました!

前のページ   次のページ

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: