> スウィフト – 意思決定 – ネットワークエンジニアチュートリアル

スウィフト – 意思決定


スウィフト – 意思決定


意思決定構造は、プログラマが、条件が真であると判定された場合に実行される1つまたは複数のステートメントと、オプションで、条件が満たされた場合に実行される他のステートメントとともに、プログラムによって評価またはテストされる1つまたは複数の条件を指定すること。

つまりはこのようなことになります。

条件conditionが正しい場合,conditionalコードを実行します

正しくなければ終了します。

 

 

 

 

 

上の図は、ほとんどのプログラミング言語で見られる典型的な意思決定構造の一般的なものです。

意思決定
Swift 4は、以下のタイプの意思決定ステートメントを提供します。


1 ifステートメント
if文は、1つ以上の文が続くブール式で構成されます。

2 if … elseステートメント
ifステートメントの後に、オプションのelseステートメントを続けることができます。これは、ブール式がfalseのときに実行されます。

3 if … else if … elseステートメント
if文の後にオプションのelse if … else文を続けることができます。これは単一のif … else if文を使ってさまざまな条件をテストするのに非常に便利です。

4 ネストされたif文
他のif文またはif文の中にif文を使用できます。

5 switch文
switch文を使用すると、変数の値リストとの等価性をテストできます。

?:演算子
前の章ではif…elseのように使っていましたが、

Exp1   Exp2 : Exp3;
Exp1、Exp2、およびExp3は式です。コロンの使用と配置に注意してください。

 


前のページ 次のページ

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。下のボタン押してもらえるととても幸せです。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

投稿日:2017-11-03 更新日:

執筆者: