> スウィフト – 変数 – ネットワークエンジニアチュートリアル

スウィフト – 変数

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!


スウィフト – 変数


変数は、プログラムが操作できる名前付きストレージを提供します。Swift 4の各変数には、変数のメモリのサイズとレイアウトを決定する特定の型があります。そのメモリ内に格納できる値の範囲。変数に適用できる一連の操作を示します。

Swift 4は以下の基本タイプの変数をサポートしています。

  • IntまたはUInt – これは整数に使用されます。具体的には、Int32、Int64を使用して32または64ビットの符号付き整数を定義し、UInt32またはUInt64を使用して32または64ビットの符号なし整数変数を定義することができます。たとえば、42と-23です。
  • Float – これは32ビットの浮動小数点数を表すのに使用されます。小さな小数点を持つ数値を保持するために使用されます。たとえば、3.14159,0.1、および-273.158です。
  • Double – これは、64ビットの浮動小数点数を表すために使用され、浮動小数点値が非常に大きくなければならない場合に使用されます。たとえば、3.14159,0.1、および-273.158です。
  • Bool – 真または偽のブール値を表します。
  • String – これは、順序付けられた文字の集合です。たとえば、「He​​llo、World!」と入力します。
  • Caracterこれは1文字の文字列リテラルです。たとえば、 “C”

他にもディクショナリとかあるんですがこれは後で説明します。

次のセクションでは、Swift 4プログラミングでさまざまなタイプの変数を宣言して使用する方法について説明します。

変数宣言


変数の宣言は、変数の格納場所と場所をコンパイラに指示します。変数を使用する前に、次のようにvarキーワードを使用して変数を宣言する必要があります。

var 変数名: 型名;

次の例は、Swift 4で変数を宣言する方法を示しています。

var varA = 42
print(varA)

私たちが上記のプログラムをPLAYGRONDで実行すると、次の結果が得られます。

42

型注釈


注釈型とはつまりはこういうこと

var 変数名: 型名;

var なんでもOK : Bool みたいな感じですね。

var varA = 42
print(varA)

var varB:Float

varB = 3.14159
print(varB)

私たちが上記のプログラムをPLAYGROUNDで実行すると、次の結果が得られます。

42
3.1415901184082

変数の命名


変数の名前は、文字、数字、およびアンダースコア文字で構成でき,文字またはアンダースコアのいずれかで始まる必要があります。Swift 4は大文字と小文字を区別するプログラミング言語であるため、大文字と小文字は区別されます。

シンプルまたはユニコード文字を使用して変数に名前を付けることができます。次の例は、変数に名前を付ける方法を示しています。

var _var = "Hello, Swift 4!"
print(_var)

var 你好 = "你好世界"
print(你好)

私たちが上記のプログラムを遊び場で実行すると、次の結果が得られます。

Hello, Swift 4!
你好世界

SWIFTでのプリント変数


print関数を使用して、定数または変数の現在の値を出力することができます。変数名を括弧で囲んで補間し、開き括弧の前にバックスラッシュでエスケープすることができます。以下は有効な例です –

var varA = "Godzilla"
var varB = 100

print("Value of \(varA) is more than \(varB) millions")

私たちが上記のプログラムをPLAYGROUNDで実行すると、次の結果が得られます。

Value of Godzilla is more than 100 millions

前のページ 次のページ









スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: