> スウィフト – リテラル – ネットワークエンジニアチュートリアル

スウィフト – リテラル

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!


スウィフト – リテラル


リテラルは、整数、浮動小数点数、または文字列型の値のソースコード表現です。以下はリテラルの例です

42               // int a = 42 とかのこの時の数字がリテラルです 文字も然り!!
3.14159           
"Hello, world!"   

整数リテラル


整数リテラルは、10進数、2進数、8進数、または16進定数です。

整数リテラルのいくつかの例を以下に示します。

let decimalInteger = 17         // 17 
let binaryInteger = 0b10001     // 17 
let octalInteger = 0o21         // 17 
let hexadecimalInteger = 0x11   // 17 

浮動小数点リテラル


浮動小数点リテラルは、整数部、小数点、小数部、および指数部を持ちます。浮動小数点リテラルは10進数形式または16進数形式で表すことができます。

 

let decimalDouble = 12.1875
let exponentDouble = 1.21875e1
let hexadecimalDouble = 0xC.3p0

文字列リテラル


文字列リテラルは、二重引用符で囲まれた文字列で、次の形式をとります。

"characters"

文字列リテラルには、エスケープされていない二重引用符( “)、エスケープされていない円記号(\)、改行文字または改行文字は含まれません。

エスケープシーケンス 意味
\ 0 ヌル文字
\\ \キャラクター
\ b バックスペース
\ f フォームフィード
\ n 改行
\ r キャリッジリターン
\ t 水平タブ
\ v 垂直タブ
\ ‘ 一重引用符
\ “ 二重引用符
\ 000 1〜3桁の8進数
\ xh … 1桁以上の16進数

次の例は、いくつかの文字列リテラルを使用する方法を示しています。

let stringL = "Hello\tWorld\n\nHello\'Swift 4\'"
print(stringL)

私たちが上記のプログラムを遊び場で実行すると、次の結果が得られます。

Hello World

Hello'Swift 4'

ブールリテラル


3つのブールリテラルがあります –

  • trueを表すtrueの値。
  • falseを表すfalseの値。
  • 値なしを表すnilの値

前のページ 次のページ









スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: