> スウィフト – セット – ネットワークエンジニアチュートリアル

スウィフト – セット

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!


スウィフト – セット


スウィフト4 setは、同じ型の別個の値を格納するために使用されますが、配列には明確な順序付けがありません。

集合といった意味合いで、配列っぽいけど重複を許さず、順番が保証されないものだと覚えておこう。

タイプは、セットに格納するためにハッシュ可能でなければなりません。ハッシュ値は、等しいオブジェクトに対して等しいInt値です。たとえば、x == yの場合、x.hashvalue == y.hashvalueです。

すべての基本スウィフト値は、デフォルトでハッシュ可能型であり、設定値として使用できます。

セットの作成


次のイニシャライザ構文を使用して、特定の型の空のセットを作成できます。

var someSet = Set<Character>()     //キャラクターから違う型に変化できます

セットへのアクセスと変更


そのメソッドとプロパティを使用してセットにアクセスしたり変更したりすることができます。

“count”メソッドを使用して、セット内の要素の数を表示できます。

someSet.count        //
要素を出力する

“insert”メソッドを使用して、setに値を挿入できます。

someSet.insert("c")   //
Setに要素を追加します。

同様に、isEmptyを使用して、setが空であるかどうかを調べることができます。

someSet.isEmpty       //
設定された要素に応じて真または偽を返します。

“remove”メソッドを使用して、setの値を削除できます。

someSet.remove("c")     //
要素を削除します。removeAll()は、すべての要素を削除するために使用できます。

“contains”メソッドを使用して、セット内の値の存在をチェックできます。

someSet.contains("c")     //
セットにこの値が含まれているかどうかを確認します。

セットを反復する


for-inループを使用してセットを反復処理できます。

for items in someSet {
   print(someSet)
}

//スウィフトのsetは順序付けられた方法ではなく、順序通りの方法でセットを反復する

for items in someSet.sorted() {
   print(someSet)
}

セット操作の実行


迅速なセットで基本的なセット操作を実行できます。

設定操作を実行する方法は次のとおりです。

  • 交差点
  • 連合
  • 減算する
let evens: Set = [10,12,14,16,18]
let odds: Set = [5,7,9,11,13]
let primes = [2,3,5,7]
odds.union(evens).sorted()
// [5,7,9,10,11,12,13,14,16,18]
odds.intersection(evens).sorted()
//[]
odds.subtracting(primes).sorted()
//[3,4,4,4,13]

前のページ 次のページ

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-11-05 更新日:

執筆者: