スウィフト – キャラクター

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

スウィフト – キャラクター


Swift の文字は、データ型Characterで指定された単一の文字列リテラルです。次の例を見てください。

let char1: Character = "A"
let char2: Character = "B"

print("答え char1 \(char1)")
print("答え char2 \(char2)")

上記のコードをコンパイルして実行すると、次の結果が生成されます。

答え char1 A
答え char2 B

文字型の変数または定数に複数の文字を格納しようとするとエラーが発生します

// Following is wrong in Swift 4
let char: Character = "AB"

print("Value of char \(char)")

空の文字変数


空欄を許容しません

// 以下は間違った例を表しています
let char1: Character = ""
var char2: Character = ""

print("Value of char1 \(char1)")
print("Value of char2 \(char2)")

文字列からの文字へのアクセス

Stringは指定された順序でCharacter値の表していきます。したがって、for-inループでその文字列を繰り返し処理することで、指定されたStringから個々の文字にアクセスすることができます。

for ch in "Hello" {
   print(ch)
}

上記のコードをコンパイルして実行すると、次の結果が生成されます。

H
e
l
l
o

文字列と文字の連結


次の例は、Swift 4のCharacterをSwift 4のStringと連結する方法を示しています。

var varA:String = "Hello "
let varB:Character = "G"

varA.append( varB )

print("Value of varC = \(varA)")

上記のコードをコンパイルして実行すると、次の結果が生成されます。

Value of varC = Hello G

前のページ 次のページ

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。