> スウィフト – アレイ – ネットワークエンジニアチュートリアル

スウィフト – アレイ

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!


スウィフト – アレイ


Swift 4配列は、同じ型の値の順序付きリストを格納するために使用されます。Swift 4は厳密なチェックを行います。

作成した配列を変数に代入すると、常に変更可能になります。つまり、項目を追加、削除、または変更することができます。


次のイニシャライザ構文を使用して、特定の型の空の配列を作成できます。

var Arrayの値 = [SomeType]()

与えられたサイズa *の配列を作成し、それを値で初期化する構文は次のとおりです。

var Arrayの値 = [intとかstringとか](count: NumbeOfElements, repeatedValue: InitialValue)

次の文を使用すると、3つの要素と初期値がゼロの空のInt型の配列を作成できます。

var someInts = [Int](count: 3, repeatedValue: 0)

次に、3つの要素の配列を作成し、その配列に3つの値を割り当てるもう1つの例を示します。

var someInts:[Int] = [10, 20, 30]

配列へのアクセス


添字構文を使用して配列から値を取り出すことができます。取り出す値のインデックスを次のように配列の直後に角括弧で囲んで渡します。

var someVar = someArray[index]

ここで、インデックスは0から開始します。つまり、最初の要素にはインデックスを0としてアクセスし、2番目の要素にはインデックスを1としてアクセスすることができます。次の例は、配列を作成、初期化、およびアクセスする方法を示しています。

var someInts = [Int](count: 3, repeatedValue: 10)

var someVar = someInts[0]
print( "Value of first element is \(someVar)" )
print( "Value of second element is \(someInts[1])" )
print( "Value of third element is \(someInts[2])" )

上記のコードをコンパイルして実行すると、次の結果が生成されます。

Value of first element is 10
Value of second element is 10
Value of third element is 10

配列の変更


あなたが使用することができる追記()配列の最後に新しい項目を追加する方法、または付加代入演算子(+ =を)。次の例を見てください。ここでは、最初は空の配列を作成し、新しい配列を同じ配列に追加します。

var someInts = [Int]()

someInts.append(20)
someInts.append(30)
someInts += [40]

var someVar = someInts[0]

print( "Value of first element is \(someVar)" )
print( "Value of second element is \(someInts[1])" )
print( "Value of third element is \(someInts[2])" )

上記のコードをコンパイルして実行すると、次の結果が生成されます。

Value of first element is 20
Value of second element is 30
Value of third element is 40

次の例に示すように、指定されたインデックスに新しい値を代入することによって、配列の既存の要素を変更できます。

var someInts = [Int]()

someInts.append(20)
someInts.append(30)
someInts += [40]

// Modify last element
someInts[2] = 50

var someVar = someInts[0]

print( "Value of first element is \(someVar)" )
print( "Value of second element is \(someInts[1])" )
print( "Value of third element is \(someInts[2])" )

上記のコードをコンパイルして実行すると、次の結果が生成されます。

Value of first element is 20
Value of second element is 30
Value of third element is 50

配列の反復処理


for-inループを使用して、次の例に示すように、配列内の値セット全体を反復処理できます。

var someStrs = [String]()

someStrs.append("Apple")
someStrs.append("Amazon")
someStrs += ["Google"]
for item in someStrs {
   print(item)
}

上記のコードをコンパイルして実行すると、次の結果が生成されます。

Apple
Amazon
Google

次の例に示すように、アイテムのインデックスとその値を返すenumerate()関数を使用できます。

var someStrs = [String]()

someStrs.append("Apple")
someStrs.append("Amazon")
someStrs += ["Google"]

for (index, item) in someStrs.enumerated() {
   print("Value at index = \(index) is \(item)")
}

上記のコードをコンパイルして実行すると、次の結果が生成されます。

Value at index = 0 is Apple
Value at index = 1 is Amazon
Value at index = 2 is Google

2つの配列を追加する


加算演算子(+)を使用して、次のように2つの配列の値の組み合わせで新しい配列を生成する同じ型の2つの配列を追加できます。

var intsA = [Int](count:2, repeatedValue: 2)
var intsB = [Int](count:3, repeatedValue: 1)

var intsC = intsA + intsB
for item in intsC {
   print(item)
}

上記のコードをコンパイルして実行すると、次の結果が生成されます。

2
2
1
1
1

countプロパティ


配列の読み取り専用カウントプロパティを使用して、以下に示す配列内の項目の数を調べることができます。

var intsA = [Int](count:2, repeatedValue: 2)
var intsB = [Int](count:3, repeatedValue: 1)

var intsC = intsA + intsB

print("Total items in intsA = \(intsA.count)")
print("Total items in intsB = \(intsB.count)")
print("Total items in intsC = \(intsC.count)")

上記のコードをコンパイルして実行すると、次の結果が生成されます。

Total items in intsA = 2
Total items in intsB = 3
Total items in intsC = 5

空のプロパティ


配列の読み取り専用の空のプロパティを使用して、以下に示すように配列が空であるかどうかを調べることができます。

var intsA = [Int](count:2, repeatedValue: 2)
var intsB = [Int](count:3, repeatedValue: 1)
var intsC = [Int]()

print("intsA.isEmpty = \(intsA.isEmpty)")
print("intsB.isEmpty = \(intsB.isEmpty)")
print("intsC.isEmpty = \(intsC.isEmpty)")

上記のコードをコンパイルして実行すると、次の結果が生成されます。

intsA.isEmpty = false
intsB.isEmpty = false
intsC.isEmpty = true

前のページ 次のページ

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: