> シスコ製品のパスワードリカバリー〜CCNA試験対策〜 – ネットワークエンジニアチュートリアル

シスコ製品のパスワードリカバリー〜CCNA試験対策〜

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

シスコ製品のパスワードリカバリー


例えば、enableモードのパスワードを忘れてしまった場合、ログインができなくなりますね。そのようなことがないようにパスワードリカバリーシステムがついています。

ルーターのパスワードリカバリー


以下の手順で行なっていきます。

PCとコンソール接続  コンソール接続を行い、tera termも起動させておく。
ルータの電源のOFF → ON  ルータの電源スイッチのOFF-ONを行う
ROMMONで起動する  電源ONしてから、60秒以内に「Alt + B」キーを入力してBreakキー信号を送信する。

 

コンフィグレーションレジスタ値の変更  ROMMONでの起動後、以下の通り入力しレジスタ値の変更後、reset(再起動)させる。
rommon 1 >
confreg 0x2142
rommon 2 >
reset

 

特権EXECモードへ移行 ルータはセットアップモードで起動する。Wolud you like to enter the initial configurationn dialog?[yes/no] が表示されたら「Ctrl + C」キーを押してスキップする
startup-configをrunning-configへコピー  copy startup-config running-configにより、既存のstartup-configの設定内容をrunning-configにコピーする。
Router#
copy startup-config running-config

パスワードの再設定  (config)# モードまで進み、再度パスワードを設定
使用するインターフェイスの有効化  (config-if)#でno shutdownを実行する。再設定後は全てがshutdown状態になっているため。
コンフィグレーションレジスタ値の変更 先ほどrommon 1 > confreg 0x2142に変更したため(config)# config-register 0x2102で元に戻す
設定変更の保存 現在のrunning-config を再度startup-configに保存して完成
Router#
copy running-config startup-config

スイッチのパスワードリカバリー


では下記ではスイッチのパスワードリカバリーの手順になります

PCとコンソール接続  コンソール接続を行い、tera termも起動させておく。
ルータの電源のOFF → ON  ルータの電源スイッチのOFF-ONを行う
MODEボタンを押し続ける  再度電源ONにしてから、15秒以内にCatalystスイッチの前面の左側
にある
MODEボタンを押し続ける。Using driver version・・という最初のメッセージが表示されるまで約30秒くらいは押し続ける。
フラッシュファイル
システムの初期化

switch:
flash_initを使用しシステムファイルを初期化する。
ヘルパーファイルのロード   switch: load_helperを使用しヘルパーファイル(load_helper)がある場合はロードする。

 

フラッシュメモリの確認

switch:
dir flash:でフラッシュメモリの確認を行う
コンフィグレーション
ファイルの名前変更
 コンフィグレーションファイルの名前を変更する。

 switch: rename flash:config.text flash:config.text.old

システムを起動  switch: bootシステムを起動させる
特権EXECモードへ移行
Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]:: ←Ctrl + Cでスキップをした後
enableコマンドを入力して特権EXECモードに移行する
switch>
enable
ファイル名を元に戻す  フラッシュメモリ内にあるコンフィグレーションファイルを元の名前に戻す。
switch#
rename flash:config.text.old flash:config.text

running-configへコピー
config.textを、running-configにコピーする。
switch#
copy flash:config.text system:running-config
パスワードを再度設定する  コンフィグレーションモードに移行してパスワードを設定する。
switch#
config terminal
switch(config)#
enable secret test
VLANの有効化  リカバリ後はルーターと同様にshut down状態になっているので再度no shutdownを行う
switch(config-if)#
no shutdown
設定保存と再起動  設定保存して、再起動を行う。
switch#
copy running-config startup-config
switch#
reload

 

以上が手順となります

次のページ 32IPV6アドレスの概要

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-08-11 更新日:

執筆者: