> ケーブルの種類〜CCNA試験対策〜 – ネットワークエンジニアチュートリアル

ケーブルの種類〜CCNA試験対策〜

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

ネットワークエンジニアは様々なケーブルを知ることが必要になります。これはもしあなたがサーバーエンジニアになろうが、フィールドエンジニアになろうが同様です。

ここでは簡単に良く使われるケーブルの種類をご説明します。まずはツイストペアケーブル

ツイストペアケーブル(Twisted pair cable、ツイステッドペアケーブル)は、撚り対線(よりついせん)とも言い、電線を2本対で撚り合わせたケーブルです。

パソコンに刺さってるケーブルですね。

 

 

 

 

 

ツイストペアケーブルの種類

UTPとSTP

UTPとは

シールドが施されていないツイスト・ペア・ケーブルをUTP(Unshielded Twisted Pair、アンシールデッド・ツイステッド・ペアー)ケーブルと言い、電話線やイーサネットなどで使われる

STPとは

電線対にシールドが施されたものをSTP(Shielded Twisted Pair、シールデド・ツイステッド・ペアー)ケーブルという

 

 

 

 

●カテゴリ

ツイストペアケーブルにはカテゴリが存在し、伝送距離(ケ―ブルをつなげてつながる距離)が違う。という特徴があります。同じ見かけのケーブルでも伝送距離(繋がる距離)が違うんですね。

そしてこのケーブルにはクロスケーブルとストレートケーブルがあります

●ストレートケーブル(左側の絵)

●クロスケーブル(右側の絵)

 

 

 

図のようにコネクタについているケーブルの色が左右で違うものクロスケーブルといいます。

ストレートケーブル クロスケーブルの使い分け

つなげる機器によって使い分ける

例えばパソコンとルーター(パソコンの周辺機器)がありますね。あれはストレートケーブルでつながっています。

ルーターとルーターを繋げる場合。クロスケーブルを使います。これは後々説明いたします。

光ファイバーケーブル

 

 

 

 

利点

  • 電磁誘導ノイズの影響を受けない。(ケーブルは様々な天候や、電波によりノイズ(邪魔)が発生します それがあると通信品質が下がることがあります。それの影響が少ないということです)
  • 伝送損失が非常に小さい。(上記と一緒です)
  • 高速かつ長距離の伝送が可能である。(UTPケーブルより高速な通信が可能)
  • 回線数に対しケーブルが細いため、同一の太さの管路により多くの回線を収容可能。(そのため折れやすい)

弱点

  • 折り曲げに弱い(特にガラス製光ファイバの場合)。
  • 近年は宅内用などで折り曲げに比較的強いケーブルも現れているが、メタル線には依然劣る。
  • 接続の際にゴミが入ると信号が大きく乱れるため、接続時には基本的に接点部の清掃が必要。

シリアルケーブル

 

 

 

 

シリアルケーブルは、情報機器間のシリアル転送通信に用いられるケーブルです。

たとえばパソコンからルーター、パソコンからスイッチなどに対して接続でき、これを使って直接ルーターなどの設定を行うことができます。

 

次のページ 4OSI参照モデル

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-07-27 更新日:

執筆者: