ネットワークエンジニアになるには〜はじめに〜CCNA試験対策〜

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

 

CCNA試験対策ページへようこそ!!


今回あなたがこの船出をきめたことは非常にすばらしくおもいます。しょうじきあまりおもしろくないこともありますが、とりあえずがんばりましょう!!笑 ここのページはとりあえずみなさんがCCNAをとるモチベーションを上げるために解説してます

なんでCCNAとらないといけないのか?


CCNAをとる理由ですが、ネットワークエンジニアは格差社会なんです。そこがおおきなポイントになります。CCNAをとらないとまともな仕事を得ることができません。これはまじです.

まともな仕事って?


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図をごらんください、これがネットワークエンジニアの社会です。このようにCCNAレベルの知識がないと構築側(いわゆる上流工程)にまわれません。これをみて気分を害される方もいるかもしれませんが、現実はこうなんです

ただ下流工程は比較的時間が決まっているので楽ではあります。人それぞれですね。

上流工程って?
上流工程とは、ハードウェアやソフトウェア、システムなどの開発・設計における初期の段階のこと。おもに、対象物に求められる機能を抽出する「要件定義」や、実装される機能を定義する「機能定義」、設計物の構造を検討する「構成管理」、全工程のスケジュールを計画する「計画立案」などの工程を指す
下流工程って
下流工程とは、ソフトウェアの開発工程において、実装(コーディング)やテスト、導入など、具体的なソフトウェアの構築・配備に関する工程のこと。これに対し、分析や設計などは上流工程にあたる。

ね。下流工程ってやってることが簡単なんですよ。だから賃金があがらない。

なのでCCNAをとりましょうってことです

ネットワークエンジニアの給料


あんまたかくないじゃん!!って聞こえてきそうですがこれは派遣が多いからです。正社員ならそれなりですよ

将来性はどうよ?


みなさんは気づいてないですが、ネットワークエンジニアはN●Tができたころからある伝統ある仕事です。どんな機械でも壊れます。なんでそれを監視したり運用したりはぜったいになくなりません!!これだけははっきり言えます!!

 

機械は壊れる=修理が必要=それはネットワークエンジニアの仕事になるってことです。

 

 

転職早ければ早いほどよい


ネットワークエンジニアは40代くらいまでならCCNAホルダーなら確実に採用があります。下流なら40代でも全然OKです。年齢制限って意味不明すぎますよね。そこを飛び越えるのがCCNAなんですよ。

まず一番重要なのが実際に現場で仕事すること。これが一番手っ取り早く仕事も早くおぼえられます。キャリアがないと転職は難しいです

求人だとこんなところがあります。


はたらこねっと



えっはたらこねっとかよっ。 って思うじゃないですか。そうです、決して一流企業の正社員求人が乗っているんじゃないんですね。ただここから初めて同じ業界で5〜6年働いて顔を広げれば正直、大手や上場企業に行けたりするんですよ。これが。

はっきり言いましょう!日本は学歴社会じゃない!経験社会なんです!あなたにもチャンスはあるんです。

方法として一度やり直す


日本は経験社会と書きました。海外ですと一度大学に入って再度大学に入り直すなんてことがありますが、日本は経験社会なのであまり得策とは言えません。職人文化の国ですから。僕がもし20代なら一度プログラマになりますね。作業の効率化にはプログラミングの知識が絶対に必要です

ここは3ヶ月10万で受講できるプログラミングスクールです。普通のスクールはだいたい月に10万くらいかな。僕ならここに行きたいかな。

一歩目が大事


ネットワークエンジニアの仕事は何となくわかりましたか?とにかくCCNAくらいもってないとエンジニアとしてなかな難しいんですね。お金は増えないですし。

自由は勝ち取るものです!がんばりましょう!!

 

次のページ 2ノードとリンクとLANとWAN

 

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。