> PHP関数~PHP TUTORIAL~: PHP入門 : – ネットワークエンジニアチュートリアル

PHP関数~PHP TUTORIAL~: PHP入門 :

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

3ヶ月10万円で受講できる転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

PHP関数

PHP関数は他のプログラミング言語に似ています。関数は、パラメータの形で1つ以上の入力を受け取り、何らかの処理を行い値を返すコードを言います。まあさわっていけばなんとなくわかります。

すでにfopen()fread()などの多くの関数を見てきました。これらは組み込み関数ですが、PHPでは独自の関数を作成するオプションも用意されています。

では以下2つについて勉強していきましょう

  • PHP関数の作成
  • PHP関数の呼び出し

実際には、独自のPHP関数を作成する必要はほとんどありません。既に1000以上の組み込みライブラリ関数が異なる領域に作成されており、必要に応じて呼び出す必要があるからです。

PHP関数の作成

あなた自身のPHP関数を作成するのは非常に簡単です。単純なメッセージをあなたのブラウザに書き込むPHP関数を作成するだけです。次の例では、writeMessage()という関数を作成し、それを作成した直後にそれを呼び出します。

関数を作成する際には、関数名はキーワードfunctionで始まり、以下の例に示すように、すべてのPHPコードを{と}の中かっこに入れてください。

<html>
   
   <head>
      <title>Writing PHP Function</title>
   </head>
   
   <body>
      
      <?php
         /* PHPの機能を決める */
         function writeMessage() {
            echo "こんにちは!";
         }
         
         /* PHPの機能の呼び出し/
         writeMessage();
      ?>
      
   </body>
</html>

こうなります。

こんにちは!!

パラメータ付きPHP関数

PHPは関数内でパラメータを渡すオプションがあります

<html>
   
   <head>
      <title>てすと</title>
   </head>
   
   <body>
   
      <?php
         function addFunction($num1, $num2) {
            $sum = $num1 + $num2;
            echo "合計は : $sum";
         }
         
         addFunction(10, 20);
      ?>
      
   </body>
</html>

これは次の結果を表示します –

Sum of the two numbers is : 30

引数を参照渡しで渡す

関数に引数を渡すことは可能です。これは、変数への参照が、変数の値のコピーではなく関数によって操作されることを意味します。

これらのケースで引数に加えられた変更は、元の変数の値を変更します。

以下の例は、両方のケースを示しています。

<html>
   
   <head>
      <title>てすと</title>
   </head>
   
   <body>
      
      <?php
         function addFive($num) {
            $num += 5;
         }
         
         function addSix(&$num) {
            $num += 6;
         }
         
         $orignum = 10;
         addFive( $orignum );
         
         echo "もともとの数値は $orignum<br />";
         
         addSix( $orignum );
         echo "もともとの数値は $orignum<br />";
      ?>
      
   </body>
</html>

こうなる

もともとの数値は 10
もともとの数値は 16 

値を返すPHP関数

関数は、値またはオブジェクトとともにreturnステートメントを使用して値を返すことができます。returnは関数の実行を停止し、その値を呼び出し元のコードに戻します。

リターン配列(1,2,3,4)を使用して、関数から複数の値を返すことができます。

次の例では、2つの整数パラメータを取り、それらを合計して呼び出し元のプログラムにその合計を返します。returnキーワードは、関数から値を返すために使用されることに注意してください。

<html>
   
   <head>
      <title>Writing PHP Function which returns value</title>
   </head>
   
   <body>
   
      <?php
         function addFunction($num1, $num2) {
            $sum = $num1 + $num2;
            return $sum;
         }
         $return_value = addFunction(10, 20);
         
         echo "戻り値は : $return_value";
      ?>
      
   </body>
</html>

こうなる

Returned value from the function : 30

関数パラメータのデフォルト値の設定

関数の呼び出し元がパラメータを渡さない場合、パラメータをデフォルト値に設定できます。

次の関数は、useがこの関数に値を渡さない場合にNULLを出力します。

<html>
   
   <head>
      <title>てすと</title>
   </head>
   
   <body>
      
      <?php
         function printMe($param = NULL) {
            print $param;
         }
         
         printMe("これはテストです");
         printMe();
      ?>
      
   </body>
</html>

こうなる

これはテストです

動的関数呼び出し

関数名を文字列として変数に代入し、これらの変数を関数名と同じように扱うことは可能です。次の例は、この動作を示しています。

<html>
   
   <head>
      <title>てすと</title>
   </head>
   
   <body>
      
      <?php
         function sayHello() {
            echo "こんにちは<br />";
         }
         
         $function_holder = "sayHello";
         $function_holder();
      ?>
      
   </body>
</html>

こうなる

こんにちは

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp

前のページ⑭PHPファイルとIO

次のページ⑯PHPクッキー

 

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-09-26 更新日:

執筆者: