> ⑬ドロップテーブル – ネットワークエンジニアチュートリアル

⑬ドロップテーブル

SQL – DROPまたはDELETEテーブル

SQL DROP TABLEステートメントは、テーブル定義、およびそのテーブルのすべてのデータ、インデックス、トリガ、制約、およびアクセス許可の仕様を削除するために使用されます。

構文

このDROP TABLE文の基本的な構文は次のとおりです。

DROP TABLE table_name;

最初にCUSTOMERSテーブルを確認してから、次に示すようにデータベースから削除します。

SQL> DESC CUSTOMERS;
+---------+---------------+------+-----+---------+-------+
| Field   | Type          | Null | Key | Default | Extra |
+---------+---------------+------+-----+---------+-------+
| test1    | int(11)       | NO   | PRI |         |       |
| test2    | varchar(20)   | NO   |     |         |       |
| test3    | int(11)       | NO   |     |         |       |
| test4    | char(25)      | YES  |     | NULL    |       |
| test5    | decimal(18,2) | YES  |     | NULL    |       |
+---------+---------------+------+-----+---------+-------+
5 rows in set (0.00 sec)

これは、CUSTOMERSテーブルがデータベースで使用可能であることを意味しますので、次に示すように削除してください。

SQL> DROP TABLE CUSTOMERS;
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

再度確認の為、DESCコマンドを試してみると、次のエラーが表示されます。

SQL> DESC CUSTOMERS;
ERROR 1146 (42S02): Table 'EXSAMPLE.CUSTOMERS' doesn't exist

ここでのEXSAMPLEは例として使用しているデータベース名です

前のページ⑫テーブル作成

次のページ⑭INSERTクエリ

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。下のボタン押してもらえるととても幸せです。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

投稿日:2017-09-17 更新日:

執筆者: