> PHPとWeb接続~PHP TUTORIAL~: PHP入門 : – ネットワークエンジニアチュートリアル

PHPとWeb接続~PHP TUTORIAL~: PHP入門 :

3ヶ月10万円で受講できる転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

 

PHPのWebコンセプト

このセッションでは、PHPがブラウザタイプ、ランダムに生成された数字、またはユーザ入力に従って動的コンテンツを提供する方法を示します。

 

こういうの

 

 

 

つまりはウェブサイトにおとずれてお問い合わせフォームがあれば、入力できる状態にして、そこで条件分岐をしてなどをできるようにすること

ブラウザとプラットフォームの特定

PHPは、PHP環境の設定に使用されたphpinfo.phpページに表示される有用な環境変数を作成します。

PHPが設定する環境変数の1つは、ユーザーのブラウザとオペレーティングシステムを識別するHTTP_USER_AGENTです。

PHPはすべての環境変数の値にアクセスするための関数getenv()を提供しています。環境変数HTTP_USER_AGENTに含まれる情報を使用して、ブラウザに適した動的コンテンツを作成できます。

次の例は、クライアントのブラウザとオペレーティングシステムを特定する方法を示しています。

<html>
   <body>
   
      <?php
         function getBrowser() { 
            $u_agent = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT']; 
            $bname = 'Unknown';
            $platform = 'Unknown';
            $version = "";
            
            //最初にプラットフォームを確認する
            if (preg_match('/linux/i', $u_agent)) {
               $platform = 'linux';
            }elseif (preg_match('/macintosh|mac os x/i', $u_agent)) {
               $platform = 'mac';
            }elseif (preg_match('/windows|win32/i', $u_agent)) {
               $platform = 'windows';
            }
            
            // 次に、ユーザーエージェントの名前を個別に取得する
            if(preg_match('/MSIE/i',$u_agent) && !preg_match('/Opera/i',$u_agent)) {
               $bname = 'Internet Explorer';
               $ub = "MSIE";
            } elseif(preg_match('/Firefox/i',$u_agent)) {
               $bname = 'Mozilla Firefox';
               $ub = "Firefox";
            } elseif(preg_match('/Chrome/i',$u_agent)) {
               $bname = 'Google Chrome';
               $ub = "Chrome";
            }elseif(preg_match('/Safari/i',$u_agent)) {
               $bname = 'Apple Safari';
               $ub = "Safari";
            }elseif(preg_match('/Opera/i',$u_agent)) {
               $bname = 'Opera';
               $ub = "Opera";
            }elseif(preg_match('/Netscape/i',$u_agent)) {
               $bname = 'Netscape';
               $ub = "Netscape";
            }
            
            // 最終的に正しいバージョン番号を取得する
            $known = array('Version', $ub, 'other');
            $pattern = '#(?<browser>' . join('|', $known) . ')[/ ]+(?<version>[0-9.|a-zA-Z.]*)#';
            
            if (!preg_match_all($pattern, $u_agent, $matches)) {
               // we have no matching number just continue
            }
            
            // どれだけの数エージェントがいるか見る
            $i = count($matches['browser']);
            
            if ($i != 1) {
             
               
               //バージョンが名前の前後にあるかどうかを確認する
               if (strripos($u_agent,"Version") < strripos($u_agent,$ub)){
                  $version= $matches['version'][0];
               }else {
                  $version= $matches['version'][1];
               }
            }else {
               $version= $matches['version'][0];
            }
            
            // 番号があればチェックする
            if ($version == null || $version == "") {$version = "?";}
            return array(
               'userAgent' => $u_agent,
               'name'      => $bname,
               'version'   => $version,
               'platform'  => $platform,
               'pattern'   => $pattern
            );
         }
         
         // 実行中
         $ua = getBrowser();
         $yourbrowser = "Your browser: " . $ua['name'] . " " . $ua['version'] .
            " on " .$ua['platform'] . " reports: <br >" . $ua['userAgent'];
         
         print_r($yourbrowser);
      ?>
   
   </body>
</html>

これは人それぞれちがうんですがこうなります。

Your browser: Google Chrome 54.0.2840.99 on windows reports: 
Mozilla/6.0 (Windows NT 6.3; Win64; x64) AppleWebKit/537.65 (KHTML, like Gecko) 
   Chrome/54.0.2840.99 Safari/537.36

画像をランダムに表示する

PHP rand()関数は、乱数を生成するために使用されます.iこの関数は、指定された範囲内で 乱数 を生成することができます。つまりはサイコロ よくウェブサイトのトップ画で色々なやつが出ると思います。アレです。

 

乱数ジェネレータは、生成される正規のパターンの数を防ぐためにシードされる必要があります。これは、引数としてシード番号を指定するsrand()関数を使用して実現されます。

次の例では、4つの画像のうち、毎回異なる画像を表示する方法を示します。

<html>
   <body>
   
      <?php
         srand( microtime() * 1000000 );
         $num = rand( 1, 4 );
         
         switch( $num ) {
            case 1: $image_file = "/php/images/logo.png";
               break;
            
            case 2: $image_file = "/php/images/php.jpg";
               break;
            
            case 3: $image_file = "/php/images/logo.png";
               break;
            
            case 4: $image_file = "/php/images/php.jpg";
               break;
         }
         echo "Random Image : <img src=$image_file />";
      ?>
      
   </body>
</html>

HTMLフォームの使用

HTMLフォームとPHPを扱う際に最も重要なことは、HTMLページ内の任意のフォーム要素が自動的にPHPスクリプトで使用できることです。

 

この値段が高い安いはPHPでサーバーから呼び出しをしてるんですね。

 

test.phpスクリプトにソースコードを入れて、次の例を試してみてください。

<?php
   if( $_POST["name"] || $_POST["age"] ) {
      if (preg_match("/[^A-Za-z'-]/",$_POST['name'] )) {
         die ("invalid name and name should be alpha");
      }
      
      echo "Welcome ". $_POST['name']. "<br />";
      echo "You are ". $_POST['age']. " years old.";
      
      exit();
   }
?>
<html>
   <body>
   
      <form action = "<?php $_PHP_SELF ?>" method = "POST">
         Name: <input type = "text" name = "name" />
         Age: <input type = "text" name = "age" />
         <input type = "submit" />
      </form>
      
   </body>
</html>

実行してみてください。よくあるお問い合わせフォーム見たいなのができたはずです。

 

  • PHPのデフォルト変数$ _PHP_SELFはPHPスクリプト名に使用され、 “submit”ボタンをクリックすると同じPHPスクリプトが呼び出され、次の結果が生成されます –
  • method = “POST”は、ユーザー・データをサーバー・スクリプトにポストするために使用されます。サーバースクリプトにデータを投稿するには、PHP GET&POSTの章で説明している2つの方法があります。GETとかのお話はまたあとでおこないます。

ブラウザのリダイレクト

PHPのheader()関数は、HTTPヘッダをブラウザに提供し、それを使用して別の場所にリダイレクトすることができます。リダイレクトスクリプトは、ページの他の部分が読み込まれないように、ページの最上部に配置する必要があります。

ターゲットは、header()関数の引数としてLocation:ヘッダーで指定します。この関数を呼び出した後、exit()関数を使用して残りのコードの解析を停止することができます。

次の例は、ブラウザリクエストを別のWebページにリダイレクトする方法を示しています。この例題を試してみるには、ソースコードをtest.phpスクリプトに入れます。

<?php
   if( $_POST["location"] ) {
      $location = $_POST["location"];
      header( "Location:$location" );
      
      exit();
   }
?>
<html>
   <body>
   
      <p>Choose a site to visit :</p>
      
      <form action = "<?php $_SERVER['PHP_SELF'] ?>" method ="POST">
         <select name = "location">.
         
            <option value = "http://www.tutorialspoint.com">
               Tutorialspoint.com
            </option>
         
            <option value = "http://www.google.com">
               Google Search Page
            </option>
         
         </select>
         <input type = "submit" />
      </form>
      
   </body>
</html>

ブラウザのリダイレクト

「ファイルのダウンロード」ダイアログボックスを表示する

時には、実際のコンテンツを表示する代わりに、ユーザーがリンクをクリックして「ファイルのダウンロード」ボックスをユーザーにポップアップさせるオプションを与えることが望ましい場合があります。これは非常に簡単で、HTTPヘッダーによって実現されます。

HTTPヘッダーはContent-Typetext / html \ n \ nとして送信する実際のヘッダーとは異なります。この場合、コンテンツタイプはアプリケーション/オクテットストリームになり、実際のファイル名はそれと共に連結されます。

たとえば、指定されたリンクからFileNameファイルをダウンロードできるようにするには、その構文は次のようになります。

#!/usr/bin/perl

# HTTP Header
print "Content-Type:application/octet-stream; name=\"FileName\"\r\n";
print "Content-Disposition: attachment; filename=\"FileName\"\r\n\n";

# Actual File Content
open( FILE, "<FileName" );

while(read(FILE, $buffer, 100) ){
   print("$buffer");

3ヶ月10万円で受講できる転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】


前のページ⑩PHP文字列

次のページ⑫PHPのGET&POSTメソッド

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-09-26 更新日:

執筆者: