⑧Pythonループ

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

Pythonループ

一般に、文は順番に実行されます。関数内の最初の文が最初に実行され、次に違う文が実行されます。コードブロックを何度も実行する必要がある場合もありますね。例えば1ー100までカウントして1に戻るとかです。

ループステートメントは、ステートメントまたはステートメントのグループを複数回実行することを可能にします。次の図は、ループ文を示しています。

Pythonプログラミング言語は、ループ要件を処理するために、以下のタイプのループを提供します。

ループタイプ 説明
whileループ 与えられた条件が真である間、ステートメントまたはステートメントのグループを繰り返します。ループ本体を実行する前に条件をテストします。
forループ 一連のステートメントを複数回実行し、ループ変数を管理するコードを省略します。
ネストされたループ while、for、do..whileのループの間に、1つ以上のループを使用することができます。

whileの例

count = 0
while (count < 9):
   print 'The count is:', count
   count = count + 1

print "9ですよ!"
The count is: 0
The count is: 1
The count is: 2
The count is: 3
The count is: 4
The count is: 5
The count is: 6
The count is: 7
The count is: 8
9ですよ!

forループ

for letter in 'Python':     # First Example
   print 'Current Letter :', letter

fruits = ['りんご', 'みかん',  'ぶどう']
for fruit in fruits:        # Second Example
   print 'Current fruit :', fruit

print "終了"

上記のコードを実行すると、次の結果が生成されます。

Current Letter : P
Current Letter : y
Current Letter : t
Current Letter : h
Current Letter : o
Current Letter : n
Current fruit : りんご
Current fruit : みかん
Current fruit : ぶどう
終了

ネストされたループ

次のプログラムは、ネストされたforループを使って2から100までの素数を求めます。

#!/usr/bin/python

i = 2
while(i < 100):
   j = 2
   while(j <= (i/j)):
      if not(i%j): break
      j = j + 1
   if (j > i/j) : print i, "です"
   i = i + 1

print "終了!"

上記のコードが実行されると、次の結果が生成されます。

2 です
3 です
5 です
7 です
11 です
13 です
17 です
19 です
23 です
29 です
31 です
37 です
41 です
43 です
47 です
53 です
59 です
61 です
67 です
71 です
73 です
79 です
83 です
89 です
97 です
終了

ループ制御文

ループ制御ステートメントは、通常のシーケンスから実行を変更します。実行がスコープを離れると、そのスコープで作成されたすべての自動オブジェクトが破棄されます。

Pythonは以下の制御文をサポートしています。詳細を確認するには、以下のリンクをクリックしてください。

制御ステートメント 説明
breakステートメント ループ文を終了し、ループの直後の文に実行を転送します。
Continue Statement ループが本体の残りの部分をスキップし、繰り返し直す前にその状態を直ちに再テストします。
Pass Statement Pythonのpassステートメントは、ステートメントが構文的に必要であるが、コマンドやコードの実行を望まない場合に使用されます。

 

break文

for letter in 'Python':     # 例1
   if letter == 'h':
      break
   print 'Current Letter :', letter
  
var = 10                    # 例2
while var > 0:              
   print 'Current variable value :', var
   var = var -1
   if var == 5:
      break

print "Good bye!"

上記のコードを実行すると、次の結果がでできます

Current Letter : P
Current Letter : y
Current Letter : t
Current variable value : 10
Current variable value : 9
Current variable value : 8
Current variable value : 7
Current variable value : 6
Good bye!

前のページ⑦PYTHONの意思決定条件文

次のページ⑨Pythonの数値

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。