⑧式

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

 

 

SQL – 式

式は、値に評価される1つ以上の値、演算子、およびSQL関数の組み合わせです。これらのSQL式は公式のようなもので、クエリ言語で書かれています。また、それらを使用して、データベースに特定のデータセットを照会することもできます。

構文

SELECT文の基本構文を次のように考えてみましょう。

SELECT column1, column2, columnN 
FROM table_name 
WHERE [CONDITION|EXPRESSION];

では

以下に述べるように、さまざまな種類のSQL式があります。

  • ブール
  • 数値
  • 日付

これらのそれぞれについて詳細に検討しましょう。


ブール式

SQLブール式は、単一の値の一致に基づいてデータをフェッチします。以下は構文です –

SELECT column1, column2, columnN 
FROM table_name 
WHERE SINGLE VALUE MATCHING EXPRESSION;

次のレコードを持つCUSTOMERSテーブルについて考えてみましょう

SQL> SELECT * FROM CUSTOMERS;
+----+----------+-----+-----------+----------+
| ID | NAME     | AGE | ADDRESS   | SALARY   |
+----+----------+-----+-----------+----------+
|  1 | matsumoto|  32 | osaka     |  2000.00 |
|  2 | saito    |  25 | tokyo     |  1500.00 |
|  3 | yoshida  |  23 | hakata    |  2000.00 |
|  4 | tanaka   |  25 | kyoto     |  6500.00 |
|  5 | kurihara |  27 | asakusa   |  8500.00 |
|  6 | yokei    |  22 | osaka     |  4500.00 |
|  7 | makita   |  24 | hiroshima | 10000.00 |
+----+----------+-----+-----------+----------+

例えばこのように SELECT * FROM CUSTOMERS WHERE SALARY = 10000;と指定すれば検索ができます。SELECT * FROM [今回はカスタマーテーブル]WHERE[その中のキー] = 値

+—-+——-+—–+———+———-+
| ID | NAME | AGE | ADDRESS | SALARY |
+—-+——-+—–+———+———-+
| 7 | makita| 24 | hiroshima | 10000.00 |
+—-+——-+—–+———+———-+

例えばSELECT * FROM CUSTOMERS WHERE NAME = makita;

と指定すれば 7 | makita | 24 | hiroshima | 10000.00 の情報が出てきます。

SQL> SELECT * FROM CUSTOMERS WHERE SALARY = 10000;



数値式

これらの式は、どのクエリでも任意の数学演算を実行するために使用されます。以下は構文です –

SELECT numerical_expression as  OPERATION_NAME
[FROM table_name
WHERE CONDITION] ;

ここで、numerical_expressionは、数式または任意の数式に使用されます。次に、SQL数値式の使用法を示す簡単な例を示します。

SQL> SELECT (15 + 6) AS salary
+----------+
| salary   |
+----------+
|       21 |
+----------+

テーブルまたは特定のテーブルの列に対する集計データの計算を実行するために、avg()、sum()、count()などの組み込み関数がいくつかあります。今回はCUSTOMERSの数を数えてます

SQL> SELECT COUNT(*) AS "RECORDS" FROM CUSTOMERS; 
+---------+
| RECORDS |
+---------+
|       7 |
+---------+
1 row in set (0.00 sec)

日付表現

日付式は現在のシステムの日付と時刻の値を返します。これはSELECTのあとに以下文を入れれば表示されます。

SQL>  SELECT CURRENT_TIMESTAMP;
+---------------------+
| Current_Timestamp   |
+---------------------+
| 2009-11-12 06:40:23 |
+---------------------+
1 row in set (0.00 sec)

もう一つの日付式は以下の通りです –

SQL>  SELECT  GETDATE();;
+-------------------------+
| GETDATE                 |
+-------------------------+
| 2009-10-22 12:07:18.140 |
+-------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

だんだんわかってきましたかね?では次に行きましょう!


前のページ⑦演算子

次のページ⑨データベース作成

 

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。