> ⑦Pythonの意思決定(条件文) – ネットワークエンジニアチュートリアル

⑦Pythonの意思決定(条件文)

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

Pythonの意思決定

意思決定は、プログラムの実行中に発生する条件と、条件に従って実行されるアクションを指定することを前提としています。

決定構造は、結果としてTRUEまたはFALSEを生成する複数の式を評価します。実行するアクションと、結果がTRUEの場合は実行する文、そうでない場合はFALSEを決定する必要があります。

以下は、ほとんどのプログラミング言語で見られる典型的な意思決定構造の一般的な形式です。

 

Pythonプログラミング言語は、任意の前提条件、ゼロ及びヌル値でない場合TRUEとし(IFで条件にあってるか、0かNULLでないか)、それ以外はFALSEになります。

Pythonプログラミング言語は、以下のタイプの意思決定ステートメントが存在します。

ステートメント 説明
if文 if文は、 1つ以上の文が続くブール式(TRUE or Not)で構成されています。
if … elseステートメント if文は、オプションを続けることができelse文ブール式がFALSEのときに実行されます。
ネストf文 IFをさらにネストで囲ってしまう

ネストのIFの例

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
if(条件式1){

if(条件式2){
条件式2がtrueの場合の処理
else{
条件式1がtrueで条件式2がfalseの場合

}else{

if(条件式3){
条件式1がfalseで条件式3がtrueの場合
else{
条件式1も条件式3もfalseの場合

}

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シングルステートメントスイート

if節のスイートが1行だけで構成されている場合、それはheader文と同じ行になる可能性があります。

1行のif節の例を次に示します。

#!/usr/bin/python

var = 100

if ( var  == 100 ) : print "こんにちは"

print "Good bye!"

上記のコードを実行すると、次の結果が生成されます。

こんにちは
Good bye!

前のページ⑥Pythonの基本演算子

次のページ⑧

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:

執筆者: